ネクタイ クリーニング
あなたにぴったりの宅配クリーニング

「時間がなくて記事全文を読めないけど、今すぐにおすすめのクリーニング店を知りたい」という方には、相場より安くネクタイをクリーニングできる「ネクシー」がおすすめです(全国対応)。

 

■ネクタイの料金(料金相場:400~500円)

ネクシー 350円~420円
・白洋舎 450円~
・リナビス 990円~

 

また、ネクシーを利用すると自宅で完結するため、わざわざ休日や仕事終わりにクリーニング店に行く必要がありません。そのため、クリーニング店の往復を負担に感じている方は、今すぐネクシー公式サイトをご覧ください。

ネクタイはクリーニングできる?汗落ちや汚れに効果ある?

ネクタイは一般的なクリーニング店であれば、どこでもクリーニングすることは可能ですし、もちろん綺麗にもなります。むしろ家庭用洗剤を利用し自宅でネクタイを綺麗にするのは、手間がかかるかつ多くの時間を要するため、非常にコスパが悪いと言えます。

 

理由としては以下のようなものがあります。

  • 汚れの種類が油汚れや水性汚れなどさまざまなものが混ざっている
  • 素材が繊細のものが多く、形崩れやほつれなどの使えなくなるほどのダメージを受けやすい

そのため、潔くプロに任せて綺麗にする方が、トータルのコスパや時間の使い方を考えると賢いと言えます。余程の急ぎでない限りは、クリーニング店のプロにお任せしましょう。

ネクタイをクリーニングに出す・出さないの基準は?

ネクタイ
ネクタイをクリーニングに出すか、出さないかの基準は素材や表示を確認して決めましょう。もちろん1番はクリーニングに出すことですが、急ぎの方やクリーニング店に持っていく時間がないという方も多いかと思います。

 

以下ではネクタイを綺麗にしたいとき、最低限クリーニングに出すべきネクタイについて見ていきましょう。

素材が絹のもの

ネクタイの素材はさまざまですが、冠婚葬祭などの用途で使われるものをはじめとして、素材が絹(シルク)でできていることが多いです。

 

通常のネクタイも自宅で洗濯するのが難しいですが、特にシルクのネクタイは難しく、縮む、変色、型崩れなどのトラブルが起きてしまうことが多いです。

 

クリーニングでは、シルクを傷めることのない溶剤できれいに洗浄することができますので、特に素材がシルクのネクタイはクリーニングに出すことをおすすめします。

洗濯表示が「家庭での洗濯禁止」のもの

水洗い不可

ネクタイについている洗濯表示が「家庭での洗濯禁止」となっている場合は、自宅で洗濯することができないため、必ずクリーニングに出す必要があります。

 

自宅でネクタイを洗濯する場合は、必ず洗濯表示を確認するようにしましょう。

ネクタイのクリーニング頻度は?何回着用したら出す?

ネクタイ

ネクタイは素肌に触れることはほとんどなく、汚れてしまうケースも多くはないため、クリーニングの利用は3ヶ月に1回程度で十分である場合が多いです。目安としては、季節の変わり目に1回行う位が丁度いいと言えます。

 

しかし、何着もネクタイを所持しておりローテーションして使いまわしている方は、ネクタイを休ませている時間も長いためそこまでの頻度は必要ありません。シミや汚れが気になったときだけでも十分でしょう。

 

汚れやシミが目立つ場合には、クリーニングに出すときれいになりますが、頻繁に出し過ぎるとかえってネクタイの生地が傷んでしまう可能性がありますので注意してください。

ネクタイのクリーニング日数(期間)は?

ネクタイ 白

ネクタイのクリーニングの仕上がり日数は、即日から1週間程度が目安になっています。

 

即日対応の店舗に午前中のうちに持ち込んだ場合は、その日のうちに仕上げてもらうことができますが、宅配クリーニングの場合は最短でも2日間かかります。

 

そのため、すぐにネクタイを受け取りたい場合は、店舗に持ち込むのがおすすめです。しかし、急ぎではなく自宅にいながら楽にクリーニングに出したい場合は、宅配クリーニングがおすすめになります。

ネクタイのクリーニング代の料金相場はいくら?

ネクタイ 赤

ネクタイのクリーニング代の料金相場は、一般的なクリーニング店で400~500円、高級クリーニング店では1,500~3,500円となります。しかし、先述したようにネクタイの素材はさまざまで繊細な素材も多いため、追加料金が発生する場合も珍しくありません。

 

クリーニング店 料金
ポニークリーニング 400円~
白洋舎 450円~
プラスキューブ 1,700円(5パックの場合)
ワードローブトリートメント 3,410円

 

以下では、汚れの状態や工程、素材ごとに料金の相場を確認していきましょう。

染み抜き

ネクタイの染み抜きの料金の相場は、600円前後になります。通常のドライクリーニングではシミは落ちないため、多くの場合は追加料金と600円前後がかかります。

 

注意点として、料金はシミの範囲や汚れ具合により料金も変動します。そのためクリーニングに出す際に事前に相談して見積もりを出してもらうことで、思わぬ出費を減らせます。

カビ

ネクタイのカビ取り料金は800円~2,000円前後になり、おおよそ通常のクリーニング料金の倍はかかると思っておた方がいいです。特に長期間放置した黒カビや色素系のカビなどは非常に手間がかかります。

 

黒カビの場合、仮に安価でカビ取りを行ってくれるところでお願いしても、落ちないという結果になることも多いです。費用をかけても事前に相談できて、丁寧に対応してくれるクリーニンング点にお願いしましょう。

高級素材(シルク)

高級素材となるシルク100%で作られているネクタイのクリーニングの相場は、800円以上になります。シルクは非常に繊細な素材もため、クリーニングの際は丁寧に行い、羽毛立ちや形崩れを起こさないようにする必要があります。

 

そのため、安価なポリステル素材で作られたネクタイの倍以上の料金相場となっています。

ネクタイのクリーニング代を節約する方法

ここまでネクタイが汚れた際はクリーニングをすることをおすすめしてきましたが、中には「ちょっとした汚れでクリーニングに出すのは面倒」「できればお金をかけずに手軽に綺麗にしたい」と思う方も多いと思います。

 

そこでここでは、ネクタイのクリーニング代を節約する方法をご紹介します。少しの手間をかけることで大きな節約に繋がることもあるため、是非参考にしてください。

家庭で洗濯する

自宅で洗濯できると大幅なお金の節約に繋がります。しかし、先述したとおりネクタイは非常に繊細であるため、細心の注意を払って洗濯を行う必要があります。具体的には以下の手順で洗濯を行うと、羽毛立ちや形崩れなどの失敗が起こりにくいです。

  1. 素材を確認する
  2. 染みがある場合事前に落としておく
  3. ネクタイを、洗剤を入れた40℃以下のお湯に10分程度つけ置きする
  4. ゆっくりと泳がせ洗いをする(おしゃれ着洗剤を使用)
  5. 水に入れ替えて濯ぎ洗いをする
  6. タオルドライをする
  7. 陰で干す
  8. ネクタイの裏面、表面の順番でアイロンがけをする

素材を確認した段階で100%シルク素材であったり、刺繍加工があるものに関してはクリーニング店にお願いしましょう。

 

また、全体を通してのポイントは「優しく」各手順を行うことになります。ネクタイは繊細な素材であることを念頭に置いて洗濯をしましょう。

 

具体的に上記の手順の場合は、タオルドライの際に押し付けるのではなく、優しく水分をタオルに移すイメージで行ったり、アイロンがけを行う際は生地を傷めないように、直接当てないで低温で行うことが大切になります。

手入れを欠かさない

着用後の2~3分程度の手入れで、ネクタイのクリーニングの頻度を減らせます。手入れの方法は以下の2点だけで、短時間で簡単にできます。

  1. ハンガーにかけて半日干しておく
  2. ブラッシングを中心部から小剣、大剣に向かって行う

 

着用後のホコリや汗を取り除くだけで、無駄なクリーニングを極力減せますので是非お試しください。

ネクタイのクリーニング代を比較!安いのはどこ?

ネクタイのクリーニング料金は以下になります。

 

ネクタイのクリーニング代(店舗クリーニング)

店舗名 料金
白洋舎 450円~
ポニークリーニング 400円~
ホワイト急便(川口地域) 320円~

 

ネクタイのクリーニング代(宅配クリーニング)

サービス 料金
Lenet(リネット) 550円~1,250円
リナビス 940円~1,560円
せんたく便 698円~996円
カジタク 300円~368円
サマリーポケット 620円~880円
ネクシー(Nexcy) 350円~420円
キレイナ 2,000円
ピュアクリーニングプレミアム 1,000円~2,000円

 

上記表から分かるように、宅配より店舗型の方がネクタイのクリーニング代は割安となります。しかし、宅配クリーニングの「カジタク」や「ネクシー」は、一部の店舗型(白洋舎・ポニークリーニング)よりも安いと言えます。

 

ネクタイをクリーニングに出すときの注意点

ネクタイをクリーニングに出すときに事前に確認しておきたい点は以下の3点になります。

  • ネクタイの素材
  • 仕上がり時間
  • 汚れの状態

 

始めにネクタイの素材を確認し、ある程度の料金を想定していきましょう。先述した通り、店舗の場合平均相場は300円~500円ですが、高級素材の場合800円以上となり思わぬ出費となることがあります。

 

また、仕上がり日数も確認しておくことが大切です。1週間前後が仕上がり日数の平均になるため、手持ちのネクタイをまとめて出してしまったと言うことがないように計画的にクリーニングしましょう。

 

最後に出す前の汚れを確認しておくことも大切です。事前に汚れの種類を把握しておいて、店舗で伝えるとより的確なクリーニングを施してもらえます。さらに、仕上がり後の確認をより正確に行うことができます。残念ながら落ちていなかった汚れを再依頼する際に、スムーズに店舗に伝えられます。

    ネクタイのクリーニングにおすすめの宅配クリーニング

    相場よりも料金の安い「ネクシー」

    ネクシー

    ネクシーは、老舗クリーニング店による品質の高いサービスや、料金の安さが好評の宅配クリーニングです。

     

    ネクシーのネクタイのクリーニング料金は、350円から420円と相場よりも安くなっており、お得にクリーニングに出すことができます。

     

    シミ抜きも無料でやってもらうことができるため、シミがあるネクタイを安い料金でクリーニングに出したい人にはぴったりのサービスになっています。

    ネクシーの詳しい口コミ評判や料金、メリットについて知りたい方は、「ネクシー(Nexcy)の宅配クリーニングの口コミ評判は良い?料金やメリットも詳しく紹介!」をチェックしてください。

    品質重視なら「リナビス」

    リナビス

    リナビスは、カンブリア宮殿でも紹介された「おせっかいなほど親切なサービス」が特徴の宅配クリーニングになります。

     

    リナビスのネクタイのクリーニング料金は、940円から1,560円となっているため、相場よりも割高になっています。

     

    しかし、リナビスは職人による質の高いクリーニングが好評であるため、ブランドものなど大切なネクタイを安心してクリーニングに出したい人におすすめになっています。

     

      リナビスの詳しい口コミ評判や料金、デメリットについて知りたい方は、「リナビスは最悪?口コミ評判悪いは本当?クリーニング品質を検証レビュー」をチェックしてください。

    ネクタイのクリーニング後の保管方法

    クリーニング後にネクタイを適当に保管してしまうと、せっかく綺麗にしたネクタイがシワになってしまったり、折り目がついてしまったりと非常に残念なことになります。シワや変形を起こしにくい保管方法は、以下の2つの方法になります。

    • 平置きで保管する
    • 丸めて保管する

     

    ネクタイの所持数が少ない方におすすめの保管方法は平置きになります。朝の忙しい時間に一目で把握できるため、時間の節約になり一石二鳥です。

     

    逆にネクタイを多く持っている方は、丸めてコンパクトに保管しておくのがおすすめです。スペースも取らず、デザインも一目でわかるため非常に便利です。しかし、きつく丸めると返って変形の元になるため注意しましょう。

    宅配クリーニングおすすめランキング
    人気宅配クリーニングを比較レビュー!おすすめランキングTOP5 | 料金が安い・口コミ評判で有名など、どこがいい?| タククリ
    2019-01-30 19:08
    どこがいい?おすすめ宅配クリーニング早見表 「今すぐに、おすすめの宅配クリーニングを知りたい」 そのような方は、以下のフローチャートを参考にしてください。45業者の中から目的に沿...