コート カビ クリーニング
あなたにぴったりの宅配クリーニング

カビの生えたコートの間違った対処法・対策

コートにカビが生えてしまった場合は、適切な処置を施す必要があります。間違った方法で手入れをした場合、効果がないのみならず、かえって傷めてしまう恐れもあるため注意が必要です。

 

コートにカビが生えた場合に、やってしまいがちな間違った対処法が2つあります。それぞれ正しくない理由も合わせて見ていきましょう。

ウェットティッシュで拭き取る

一般的なウェットティッシュで拭き取るだけでは、カビは落ちません。カビを落とすためにはアルコールの成分量が重要ですが、少量のものが多いためです。

 

むしろ水分量が多く、コートに湿気を与えることになります。それによってカビが広がってしまう恐れがあるため、ウェットティッシュで拭き取ることは避けてください。

消臭スプレーをかけるだけ

カビ臭が気になっても、消臭スプレーをかけるだけでは解決になりません。消臭のためのものであり、菌や汚れを取る効果は含まれていないためです。

 

またウェットティッシュと同様に、スプレーの水分によって湿気が発生し、カビの根が深くなる可能性があります。カビの生えたコートには、消臭スプレーは使わないようにしましょう。

コートに生えた白カビの落とし方|自宅での除去・対策方法

コートについてしまった白カビは、自宅でも対処可能です。しかし、黒カビは自宅で取ることは難しいです。そのため、白カビは自分で取り、黒カビはクリーニングに出すことをおすすめします。

 

ここでは、コートの白カビを取る方法をご紹介します。なお、水洗いできるかどうかでカビ取りの方法が異なります。ぜひ参考にしてください。

水洗いできるコートの場合

水洗いできるコートの場合、以下の方法で落とせます。

コートのカビ取り手順
  1. 40〜50度のお湯を張る
  2. 酸素系漂白剤を混ぜる
  3. お湯が冷めるまでつけ置きする
  4. 優しくて揉み洗いする
  5. カビが取れるまで1〜4を繰り返す
  6. 通常どおり洗濯機で洗う
  7. 干す

洗った後は完全に乾くまで干してください。生乾きのまま収納すると、再度カビが生える原因になります。

水洗いできないコートの場合

水洗いできないコートの場合は、以下の方法で対処してください。

コートのカビ取り手順
  1. カビ部分を優しくブラッシングする
  2. 消毒用エタノールをタオルに含ませる
  3. 裏側に白い布をあてる
  4. タオルで叩くように拭き取る
  5. 干す

ブラッシングの際は、こすってしまうとコートの素材を傷めるため軽く行ってください。干す際は完全に乾いてから収納しましょう。

カビの生えたコートをクリーニングに出す前の事前知識

衣類のカビには「白カビ」と「黒カビ」の2種類あります。どちらのカビが生えたかによってクリーニングの仕方が変わるため、注意してください。それでは、カビの種類別にクリーニング方法を詳しく見ていきましょう。

白カビの場合

白カビが発生した場合は、通常のドライクリーニングで対処できます。コートのクリーニングは、多くの店がドライクリーニングで行うため、基本料金のみで落とすことが可能です。

 

そのため、オプション加工を依頼する必要はありません。また、自宅で対処することもできます。しかし、その際は適切な処置を施すように注意してください。

黒カビの場合

黒カビが発生した場合、残念ながらドライクリーニングでは落とせません。黒カビは根まで黒いため、落とせなかった分が目立ちやすいためです。

 

そのため、追加で染み抜きを依頼する必要があります。しかし宅配クリーニングの場合は、無料で染み抜き対応してくれる会社も多くあります。黒カビを自宅で落とすのは難しいため、クリーニングのプロに任せるのがおすすめです。

コートのカビ除去|クリーニング店の料金相場はいくら?

コートのカビをクリーニング店で除去してもらう場合の料金相場は、500円~1,000円ほどになります。しかし、カビの範囲や種類によっては追加料金が必要になることもあります。

 

そのため、まずは店舗スタッフに値段を確認してみることをおすすめします。

コートのカビ除去が得意なおすすめクリーニング店舗

リナビス

リナビス

リナビスでは、業界唯一の技術であるカビ抜き加工を施してもらえます。染み抜きやカビ取りとは異なり、カビを死滅させる溶剤を使用して根本から除去することが可能です。

 

リナビスはカビ抜き加工を得意としているため、他店で取りきれなかった黒カビでも対応してもらえる可能性があります。料金は1着につき500円とお手頃です。

 

しかし、コートに皮革や毛皮がついている場合はカビ抜き加工できません。コートの素材などの判断が難しい場合は、ホームページのお問い合わせフォームから事前に画像を送って確認できます。

 

リナビスは基本料金とカビ抜き加工の料金がどちらも安いため、普段着のコートを手軽にメンテナンスしたい方におすすめです。

キレイナ

キレイナ

宅配クリーニングのキレイナには、カビ除去のコースがあります。カビの状態によっては、染み抜きも駆使して落としてもらうことが可能です。

 

キレイナはホームページにクリーニング事例を載せており、カビ除去の例もあります。クリーニング方法や参考価格を詳細に確認できるため、安心して利用できるでしょう。

 

しかしコートのクリーニング料金が高めで、カビ除去代も1,800円以上の料金設定です。先述したカビ除去の事例の場合、コートの料金に加えて5,000円かかっています。

 

クリーニングと復元のどちらの技術も高く、新品の頃の風合いを取り戻せると評判です。お気に入りのコートや高級コートを依頼したい場合はキレイナをおすすめします。

中根クリーニングLabo

中根クリーニングLabo アイキャッチ

中根クリーニングLaboではカビ抜き加工が用意されています。熟練職人が1着ずつ丁寧に確認し、適切な処置を施してもらえるのが特徴です。

 

その際に行うオプション加工は全て無料で、追加料金がかかりません。そのため、カビ抜き加工も無料で依頼できます。高級ブランド品の取り扱い実績が多いため、他店で断られた素材のコートでも対応してもらえる可能性が高いです。

 

しかしコートの基本料金は6,000円以上で、素材によっては15,000円以上する場合もあります。

 

中根クリーニングLaboは仕上がり品質が高いため、大切なコートやブランドコートをキレイにしたい方におすすめです。

コートのカビ発生を防ぐための保管方法

コートのカビを防ぐためには、カビが発生しやすい条件を把握した上で、コートの保管環境を作ることが大切です。

カビの生えやすい条件
  1. 20~30度の温度
  2. 80%以上の湿度
  3. 皮脂汚れやホコリが付着

カビ発生の条件として湿度や温度はもちろん、カビの餌となるホコリも落とした上でコートを長期保管することが大切です。ここからは、具体的な保管の仕方について見ていきましょう。

クリーニング後はビニールを外して保管する

カビを防止するには、クリーニング後にビニールを外して保管することが必要です。つけたまま保管すると湿気がこもってしまい、カビや臭いが発生する原因になります。

 

クリーニング店でついてくるビニールは埃や雨を避けるためのものです。そのまま収納するときれいを維持できるように思えますが、デメリットが大きいため外してください。

通気性の良い場所で保管する

カビを防ぐには、通気性の良い場所で保管することが必須項目です。ものや服がたくさんある場所だと、湿気がこもることでカビが発生しやすくなります。

 

収納の中に衣類を敷き詰めないよう、調整するのがおすすめです。そして間隔を空けて風通しが良い状態を作りましょう。また除湿剤と一緒に保管すると、より効果があります。

皮脂汚れを落としてから長期保管する

長期保管の前には、カビの原因となる汗や皮脂の汚れを落としておく必要があります。クリーニングや洗濯をし、必要に応じて汗抜き加工や染み抜きも行うと安心です。

 

また、長期保管サービスを提供するクリーニング店もあります。宅配クリーニングのリナビスがその例です。リナビスでは保管サービスが無料で、最大で12ヶ月保管できます。

 

適切な環境で安全に保管でき、クローゼットをスッキリできるのがリナビスを利用するメリットです。