ダウンジャケット 日数
リナビス

新規会員登録ですぐに使える1,000円ポイントプレゼント中!
・【創業60年】メディア実績多数!お客様満足度3部門No1
・衣類の保管サービスが12か月無料!さらにシミ抜き・毛玉取りも無料!

リネット

現在30%オフキャンペーン開催中!
・業界最速!今日出してあさって届く最短2日のスピード仕上げ!
・個別料金制なので、ワイシャツやスーツを好きな枚数だけ出せる!

キレイナ

長く愛用したいハイブランド洋服を出し方におすすめ!
・高級ブランドのクリーニング実績が豊富
・修復技術に自信のある高品質オーダークリーニング

また、その他のおすすめの宅配クリーニングを知りたい方は、「【2020年最新ランキング】人気宅配クリーニングを比較レビュー!口コミ評判が良いおすすめ業者は?」を参考にしてください。

                           

ダウンジャケットをクリーニングに出すとどれ位の日数がかかるのでしょうか?

およそ7~10日ほどの期間をみておきましょう!
ポイント(読了時間5分)

ダウンジャケットのクリーニング日数は7~10日
急ぎの場合、最短2日で完了する店舗もある
時間をかけず処理するとリスクがある

この記事を読むことで、リスクが少ない最短の日数の目安が分かります!

「ダウンのクリーニング料金を節約したい」という方には、リナビスがおすすめです。

 

ダウンジャケットのクリーニング料金 *相場1,500円~3,000円

サービス名料金
中根クリーニングLabo13,500円~
キレイナ7,000円~
リネット2,850円~
白洋舎2,100円~
ポニークリーニング1,900円~
リナビス990円〜1,640円

 

リナビスはパック料金制です。そのため、白洋舎やポニークリーニングなどに比べて、最大53%も節約できます。保管サービスが12か月無料・毛玉取り無料・染み抜き無料などサービスが充実しています。

数々のクリーニング店を調査した結果、ダウンを洗うなら、リナビスが最も良いと思いました!

リナビスは、TV番組のカンブリア宮殿にも取り上げられています。当メディア「タククリ」でも45社中1位の人気を誇ります。

また、ダウンと一緒に「冬物アウター」を出すことで、よりクリーニング代を節約できますし、来シーズンまで保管してもらえます。リナビスの評判や仕上がり品質は、「リナビスの口コミ評判|クリーニング品質を検証レビュー」をご覧ください。
ワイシャツ シミ
【体験してデメリットが判明】リナビスのクリーニング品質を評価レビュー|口コミ評判が悪い・仕上がり最悪は嘘?
2021.2.10
お節介な宅配クリーニングとして有名なリナビスですが、SNSや口コミサイトを見ると、「最悪だった」「納期に遅れた・紛失された」「ダウンが石油臭い」などの悪い口コミを見かけますよね。 2019年までは、リナビスの評判は悪いものが多くありました。それは、TV出演をきっかけに、工場のキャパ以上に注文があった...…

ダウンジャケットのクリーニング日数はどのくらい?

ダウンジャケットの平均的なクリーニング日数は、およそ7~10日です。大手クリーニングチェーンでのクリーニング日数を以下にまとめましたので、参考にしてください。

 

クリーニング店クリーニング日数
うさちゃんクリーニング2日程度
白洋舎7日程度
ホワイト急便7日程度
リネット10日程度(配達を含む)
リナビス 14日程度(配達を含む)

 

ダウンジャケットは乾燥に多くの時間が必要なため、他の衣類と比べてクリーニング日数が長くかかります。そのため、クリーニングに出すときは、時間に余裕を持って出しましょう。

ダウンジャケットのクリーニングに時間がかかる理由

ダウンジャケットダウンジャケットが他の衣類よりクリーニング日数がかかる理由に、乾燥時間が長い点があります。ダウンジャケットの中の毛がダマになったり、痛んだりしないようゆっくりと自然乾燥で完全に乾かします。

 

ダウンジャケットのトラブルの大半は、乾燥不足や無理な乾燥による生地の痛みによるものです。トラブルを防ぐために、店舗によっては乾燥だけで4日間を費やす場合もあります。

ダウンジャケットのクリーニング日数を短くするには?

仕上がり期間の早い業者を利用する

ダウンジャケットのクリーニング日数を短縮したい場合は、できるだけ仕上がり日の早い店舗に頼みましょう。店舗によっては早くて2日できるところもあります。

 

特に仕上がりの早いクリーニング店を下表にピックアップしました。

 

クリーニング店クリーニング日数
うさちゃんクリーニング2日程度
クリーニングピュア3日程度
ポニークリーニング 3日程度

 

仕上がり日があまり早い店舗では、完全に乾ききっていない場合もあるため注意が必要です。「即日対応可能」などと謳っている店舗はおすすめできません。

オプション加工を最低限にする

ダウンジャケットのクリーニングを急ぐ場合、加工オプションはできるだけ少なくしましょう。「贅沢仕上げ」「防カビ加工」などのオプションを追加すると、通常よりクリーニング日数が長くなる可能性があります。

 

オプションを施す丁寧なクリーニングは、シーズンオフ中や長期保管の前に行うのがおすすめです。

一日の早い時間帯に店舗に持ち込む

ダウンジャケットのクリーニング日数を短くしたい場合は、店舗へ午前中に持ち込みましょう。その日の内から作業を開始できるため、最短の日数で受け取りができます。

 

夕方や仕事終わりの夜に持っていくと、早くても次の日からの作業になります。同じ日でも出す時間帯によって仕上がり日に1日の違いが出てしまいます。

ダウンジャケットのクリーニング日数を比較!早いと最短何日?

クリーニング店15社(店舗型・宅配クリーニング)のクリーニング日数を表で比較しました。

 

クリーニング店クリーニング日数
うさちゃんクリーニング2日
カーニバルクリーニング2日
クリーニングピュア3日
ポニークリーニング 3日
タカケンクリーニング4日
せんたく便5営業日
リネット5営業日
クリラボ5日
ネクシー6日
カジタク7日
白洋舎7日
ホワイト急便9日
フランス屋9日
スワロークリーニング10日
洗濯倉庫10日
キレイナ 10日

 

ダウンジャケットを最短でクリーニングできる店舗は「うさちゃんクリーニング」と「カーニバルクリーニング」です。どちらの店舗も最短2日で仕上がります。

 

しかし、2日間では自然乾燥で乾ききることはできないため、「静止乾燥」と呼ばれる方法で行っている可能性が高くなります。

 

静止乾燥とは、乾燥機のなかで服をハンガーに吊るしたまま回転させずに乾燥させる方法です。自然乾燥と比較すると、生地が痛む可能性があります。

 

どうしても急ぎで必要な方のみ、最短2日で仕上がるクリーニング店を使うことをおすすめします。

ダウンジャケットをクリーニングに出すときは日数に余裕を持とう!

ダウンジャケットダウンジャケットをクリーニングに出すときは、シーズンオフ中や長期保管前など日数に余裕のある時に出しましょう。自然乾燥以外の乾燥方法では、ダウンが傷む可能性があります。

 

また仕上がりの日数が早過ぎると、受け渡しの時に中までしっかり乾燥できていないこともあります。カビや悪臭の発生は、乾燥が完全にできていないことが原因であることが多いです。

 

これらの理由から、ダウンジャケットのクリーニングは最低4日以上かけて処理をしてくれる店舗にお願いすることをおすすめします。

 

特に失敗されたくないダウンジャケットは、時間をかけて丁寧に仕上げてくれる、実績と信頼のあるクリーニング店に依頼しましょう。