コート クリーニング 頻度
あなたにぴったりの宅配クリーニング

そもそもコートをクリーニングに出す必要ってあるの?

大切なコートを長く着用したいなら、最適な頻度でクリーニングに出した方がいいです。ただし、1~2年でコートを買い換える場合は、クリーニングは必要ありません。
ポイント(読了時間5分)

長く愛用したいコートは、クリーニングに出そう
最適なクリーニング頻度は、年に1回程度
ただし、コートの状態により出す頻度は異なる

この記事を読むことで、コートの状態に合わせて、最適な頻度でクリーニングに出せるようになります。大切なコートを長く愛用するために、ぜひご覧ください。
コートを出すなら「リナビス」がおすすめ
毛玉取りサービスが無料(毛玉取りの相場は、200円~300円)
12ヶ月保管サービスも無料なので、来シーズンまでコートを保管できる
冬物衣類をまとめて出すと、地域クリーニング店より安くキレイにできる

リナビスに出す前のコートです。

コート 毛玉

 

リナビスに出した後は、毛玉がキレイにとれています。

コート 毛玉取り

コートは毎シーズンクリーニングするべき?必要性は?

着用したコートをクリーニングに出すべきかどうか迷う方も多いのではないでしょうか。また、「今年購入したばかりのコートをわざわざクリーニングに出す必要はない」と考えている方も多いかと思います。

 

2~3年で買い換える予定のコートをわざわざクリーニングに出す必要はないと思います。しかし、長く着用したいと思っているコートは、毎シーズンクリーニングに出すことをおすすめします。

 

コートには、汗や埃や皮脂などのさまざまな汚れが付着しています。汚れをそのままにして長期保管することで、コートが傷み長持ちしません。

 

コートをクリーニングに出さないとどうなるか詳しく知りたい方は「コートをクリーニングに出さないとどうなる?出したことがない人は要注意!」をご覧ください。

コートをクリーニングに出さないとどうなる?出したことがない人は要注意!
2020.8.30
コートをクリーニングに出さない人は多い? 「シーズンオフのコートをクリーニングに出そうかな。でも...」と一度は悩んだことがあるかと思います。 実際に株式会社ヨシハラが全国で行った調査によると、「シーズンオフの衣類をクリーニングに出さない人」が全体の6割にも及ぶことが判明しました。 調査概要:「衣...…

コートをクリーニングに出す最適な頻度は?

コートをクリーニングに出すとしても、「どれくらいの頻度で出したらさっぱりわからない」と悩んでしまうことでしょう。

 

クリーニングに出す最適な頻度は、シーズン中にコートをどれくらい着たかによって変わってきます。それではコートをクリーニングに出すのに一番適した頻度を、実際の具体例を見ながら押さえていきましょう。

着用回数が多い場合

「通勤で毎日同じコートを着ている」「週末おでかけの際も着用」と着る回数が多い場合は、シーズン中に一度クリーニングに出し、シーズン後に再度出すことをおすすめします。

 

例えば冬物のコートを11月末から着ていた場合、年末年始や1月にクリーニングへ出します。そして3月に着なくなったら再度クリーニングに出すようにします。

 

替えのコートがなくシーズン中に出せない場合は、シーズン後のクリーニングだけは忘れずにしましょう。

着用回数が少ない場合

「ほとんど着なかった」とコートの着用回数が少なかった場合は、シーズン後に1度クリーニングに出すことをおすすめします。

 

1度でも着用したコートは、皮脂汚れやホコリなど僅かでも汚れが付着しています。それらの汚れは、長期保管によるカビや臭いの原因となります、そのため着用回数が少ないコートでも、長持ちさせたい場合はクリーニングに出すようにしましょう。

コートをクリーニングに出すタイミング目安

衣替え(シーズンオフ)のとき

コートをクリーニングに出すタイミングは、衣替えの時期やコートを長期保管する前がおすすめです。長期保管の前に、付着した汚れを落とすことで長期保管によるダメージを最小限に抑えられます。

 

つい「後で出そう」と思っていても、そのままにしてしまいがちです。そうすると、長期保管によるカビや匂いなどコートがダメージを受けてしまいます。コートの生地の傷めないためにも「着なくなったら、すぐに出す」と意識しておきましょう。

汚れ・匂いが気になったとき

ひどい食べ物汚れや匂いなどがコートに付着したときは、すぐにクリーニングに出すことをおすすめします。

 

シミや汚れなどをそのまま放っておくと、なかなか落ちない頑固汚れになってしまいます。一度そういった頑固汚れを作ってしまうと、落とすためにクリーニング料金が割高になります。また、シミが繊維の奥に入り込んで、クリーニング店に出しても元通りにならなくなる可能性もあります。

 

後になって後悔しないよう、ひどい汚れが付着したコートはすぐに出すようにしましょう。

コートをクリーニングに出すタイミングがないときは?

「仕事や趣味などで毎日忙しい」「子供が小さくて中々外出できない」など、コートをクリーニングに持っていく暇がないという方もいらっしゃるかと思います。

 

時間がどうしても取れないときは、家でケアしましょう。これから、コートを自宅でメンテナンスする方法をご紹介します。

自宅で洗濯する

コートをクリーニングに出す時間がないときは、家で水洗いするのがおすすめです。

 

ただし、コートについている洗濯表示を確認して「水洗い不可」と書かれているコートは無理に洗わずクリーニングに出すようにしてください。

 

家でのコートの洗い方は以下のとおりです。

コートを洗濯する方法
  1. 袖や襟などの目立つ汚れ部分におしゃれ着用洗剤をつけ、歯ブラシなどで軽く叩いて前処理する
  2. 大きめの容器に水を入れ、おしゃれ着用洗剤を入れて20回ほど押し洗いする
  3. 洗濯機で約30秒から1分ほど脱水する
  4. 日陰で平干しをする ※平干し用のネットを使うと便利

宅配クリーニングを利用する

コートをクリーニング店に持っていく時間がない場合、宅配クリーニングサービスを利用するのがおすすめです。

 

依頼をすると、業者が自宅まで衣類を引き取りにきてくれます。家で待っているだけなので、持っていく手間がはぶけてとても便利です。

 

それでは、コートを出すのにおすすめの宅配クリーニング店をご紹介していきます。

リナビス

リナビス

 

おすすめの宅配クリーニング店1つ目は「リビナス」です。

 

リビナスは「おせっかいなクリーニング店」というコンセプトで創業60年の老舗です。熟練職人による長年の経験から培われた丁寧な仕事と、たしかな目で衣類の状態をひとつひとつ確かめて作業してくれるため評判になっています。

 

シミ抜きやボタン修理など、気づいた部分を依頼がなくても補修してくれて、きれいな状態に仕上げてくれるのでおすすめです。また高級ブランド品にも対応していますので安心です。

 

24時間インターネットで受け付けをしていて、全国対応しています。送料無料であることや、12ヶ月の無料保管サービスをやっていることでもリピーターが多い理由です。

 

「忙しくて取りに行けない人」や「家の収納が少なくてコートを次シーズンまで保管しておけない」という人におすすめです。

中根クリーニングLabo

中根クリーニングLabo アイキャッチ

次におすすめする宅配クリーニング店が「中根クリーニングLabo」です。

 

何も言わなくても「あ、うん」でお任せできるのが特徴で、高い技術と高品質で丁寧なクリーニングが評判です。「お品物専用オーダーカルテ」を用意し、一つ一つの素材やデザイン、生地の状態を見極めて最適なクリーニング方法で作業してくれます。

 

水洗いクリーニングでは井戸水の天然水を使用し、洗剤は蛍光増白剤不使用のものを使っています。しかもデンマーク技術研究所で開発された洗浄テストをして、高品質のクリーニングを追求する努力を惜しみません。

 

大切なコートを綺麗に仕上げたい、状態をよくして長年愛用したいという私たちの希望に応えてくれるのが最大の魅力と言えます。

 

せっかくクリーニングに出すなら、高品質で満足のいく仕上げを期待するという人におすすめの店です。
また、シミ抜きやほつれ補修などのオプション加工やメンテナンスがすべて無料なのも人気のひとつです。

 

他のお店では対応できないハイブランド衣類や革製品から、毛皮や着物まで幅広く確かな実績があり、とにかく高品質なクリーニングを施してくれるので、「高級なコートを出したいけれどちょっと不安」という人でも安心です。

キレイナ

キレイナ

3つ目におすすめする宅配クリーニング店は「キレイナ」です。

 

キレイナは高品質のオーダークリーニングを徹底していて、一着ごとにカルテを作って利用者の要望をしっかりと把握することを大切にしています。また衣類の状態も見ながら最適のクリーニング方法で仕上げるので人気のクリーニング店です。

 

手間をかけて丁寧に水洗いするため、ドライクリーニングとは違った肌触りやきれいさに驚くユーザーの声が多く聞かれます。また、黄ばみやくすみ、色抜けなどトラブルがある衣類も、日々磨かれた確かな技術で対応してくれます。戻ってきた服を見て「これならまた着たい!」と喜ばれることを何よりも大切にしているお店です。

 

「落ちそうにない汚れだけどきれいになるか心配」「肌触りなどコートの風合いや品質を落としたくない」という人におすすめです。

 

また、インポートブランド、オーダーメイドやハンドメイドの洋服、高級素材や特殊素材を使った服などにも対応していて、地元のクリーニング店で断られてしまった服も多く持ち込まれています。

 

他店で落ちなかった汚れも丁寧にクリーニングしてくれますので、あきらめてしまわずに安心してオーダーすることをおすすめします。

コートのクリーニング頻度を減らす方法

コートをクリーニングに出して定期的にケアをすることが大切ですが、むやみに出すのではなく、クリーニング頻度を減らしていくことも重要です。なぜなら、クリーニング料金の節約にもなり、コートのダメージを最小限に抑えられるからです。

 

ここからは、コートのクリーニング頻度を減らす方法を見ていきましょう。

ブラッシングする

コートを着た後にブラッシングすることで、毛玉や埃が落とせます。5分ほどのお手入れで、コートをきれいに保つことができます。

 

ブラッシングは布地を強くこすらずに、埃を払い落とすような感覚で行っていきます。最初に布地の毛の流れに逆らう形でブラシをあて、仕上げに毛の流れに沿ってブラシをあてます。

防水スプレーを利用する

コートに防水スプレーをかけておきましょう。水汚れや汗じみを防ぐ効果があります。

 

防水スプレーをかける前に、衣類の汚れをしっかり落としてからかけるようにしてください。表面の撥水効果があれば十分なので、くれぐれもかけすぎには注意しましょう。

 

効果を持続させるためには、月1など定期的にかけるのがおすすめです。

除菌消臭スプレーを利用する

除菌消臭スプレーをコートにかけるのもおすすめです。煙草や食べ物のにおい、雑菌の付着を防いでくれます。

 

コートのにおいが気になったら、においが染みこんでしまう前に除菌消臭スプレーをかけるようにしましょう。