ダウンクリーニング 頻度
リナビス

新規会員登録ですぐに使える1,000円ポイントプレゼント中!
・【創業60年】メディア実績多数!お客様満足度3部門No1
・衣類の保管サービスが12か月無料!さらにシミ抜き・毛玉取りも無料!

リネット

現在30%オフキャンペーン開催中!
・業界最速!今日出してあさって届く最短2日のスピード仕上げ!
・個別料金制なので、ワイシャツやスーツを好きな枚数だけ出せる!

キレイナ

長く愛用したいハイブランド洋服を出し方におすすめ!
・高級ブランドのクリーニング実績が豊富
・修復技術に自信のある高品質オーダークリーニング

また、その他のおすすめの宅配クリーニングを知りたい方は、「【2020年最新ランキング】人気宅配クリーニングを比較レビュー!口コミ評判が良いおすすめ業者は?」を参考にしてください。

                           

ダウジャケットは、どれくらいの頻度でクリーニングに出したら良いのでしょうか?

ダウンジャケットのクリーニングは、年に1~2回出すのがベストです。
ポイント(読了時間5分)

ダウンジャケットのクリーニング頻度は年1回程度で十分
着用頻度に合わせてクリーニング頻度も変える
クリーニングのし過ぎもかえってよくない

この記事を読むことで、ダウンジャケットの最適なクリーニング頻度がわかります。さらにクリーニング頻度を減らすコツも紹介します。

「ダウンのクリーニング料金を節約したい」という方には、リナビスがおすすめです。

 

ダウンジャケットのクリーニング料金 *相場1,500円~3,000円

サービス名料金
中根クリーニングLabo13,500円~
キレイナ7,000円~
リネット2,850円~
白洋舎2,100円~
ポニークリーニング1,900円~
リナビス990円〜1,640円

 

リナビスはパック料金制です。そのため、白洋舎やポニークリーニングなどに比べて、最大53%も節約できます。保管サービスが12か月無料・毛玉取り無料・染み抜き無料などサービスが充実しています。

数々のクリーニング店を調査した結果、ダウンを洗うなら、リナビスが最も良いと思いました!

リナビスは、TV番組のカンブリア宮殿にも取り上げられています。当メディア「タククリ」でも45社中1位の人気を誇ります。

また、ダウンと一緒に「冬物アウター」を出すことで、よりクリーニング代を節約できますし、来シーズンまで保管してもらえます。リナビスの評判や仕上がり品質は、「リナビスの口コミ評判|クリーニング品質を検証レビュー」をご覧ください。
ワイシャツ シミ
【体験してデメリットが判明】リナビスのクリーニング品質を評価レビュー|口コミ評判が悪い・仕上がり最悪は嘘?
2021.2.10
お節介な宅配クリーニングとして有名なリナビスですが、SNSや口コミサイトを見ると、「最悪だった」「納期に遅れた・紛失された」「ダウンが石油臭い」などの悪い口コミを見かけますよね。 2019年までは、リナビスの評判は悪いものが多くありました。それは、TV出演をきっかけに、工場のキャパ以上に注文があった...…

ダウンジャケットのクリーニング頻度が少ないとどうなる?

ダウンジャケットを長期間洗わずにいると、さまざまなデメリットが生じます。具体的なデメリットは、以下のようなものです。

クリーニングに出さないデメリット

付着した汚れが原因で、シミができる

汗や皮脂が染み込み、嫌な臭いの原因になる
ウイルスが付着したままになってしまう

目に見えなくても、ダウンジャケットにはさまざまな汚れが付着しています。付着した汚れをそのままにしていると、ダウンジャケットの劣化が早まる恐れがあります。

ダウンジャケットの最適なクリーニング頻度は?

着用回数が多い場合

ダウンジャケットをほぼ毎日着ている場合は、年に2回程度クリーニングに出すのがおすすめです。

 

冬でも気付かないうちに汗をかいているため、シーズン中に1度汗汚れをリセットすると良いでしょう。

 

注意点として、必要以上にクリーニングに出すとかえって生地が傷む場合があります。また、ドライクリーニングを繰り返すことで羽毛の油分が失われ、ダウンの機能性が低下する恐れがあります。

着用回数が少ない場合

ダウンジャケットの着用回数が少ない場合は、年に1回のクリーニングで十分です。

 

しかし汚れが付いてしまった場合は、着用回数に関係なく早急に汚れを落としましょう。

 

汚れを放置していると酸化してシミになり、時間の経過と共に取れにくくなります。また、カビや虫食いの原因になることもあるため、汚れてしまった際はその都度洗う必要があります。

ダウンジャケットをクリーニングに出すタイミングの目安

ダウンジャケットをクリーニングに出すタイミングの目安は、長期保管前がベストです。

 

長期保管前とは、着用シーズンが終わった頃の衣替え時期をさします。着用頻度が多く年に2回クリーニングしたい場合は、シーズンの真ん中で一度クリーニングを行うと効果的です。

 

例えば、通勤などで毎日のように着るダウンジャケットの場合、年末年始の休暇などを利用して一度クリーニングをしましょう。そして、暖かくなった4月頃に再度クリーニングをして保管しておくと、長持ちさせられます。

ダウンジャケットのクリーニング頻度を減らすメリット

クリーニング代を節約できる

ダウンジャケットのクリーニング頻度を減らすと、クリーニング代を節約できるのがメリットの1つです。

 

ダウンジャケットのクリーニング料金相場は、1着あたり約2,500円~3,000円程度かかります。例えば4人家族の場合、1シーズンに1回しか出さないとしても、平均10,000円~12,000円と大きな負担になってしまいます。

 

そのため、年に何度もクリーニングに出さなくて済むよう工夫するのがおすすめです。

ダウンのダメージを抑えられる

ダウンジャケットのクリーニング頻度を減らすと、ダウンのダメージを抑えられるのもメリットです。

 

ダウンジャケットは、頻繁に洗うとかえって生地が傷んでしまいます。洗濯時の摩擦によって毛羽立ちや毛玉が発生し、毛玉処理を繰り返すことで次第に生地が薄くなってしまうためです。

 

また、洗うことによって生地が引っ張られ、縫い目からダウンが飛び出しやすくなる可能性があります。ダウンが飛び出してボリュームが減ってしまうと、ダウン本来の保温性が損なわれるため洗いすぎには注意が必要です。

ダウンジャケットのクリーニング頻度を減らす方法

自宅で小まめに手入れを行ったり、保管方法を工夫したりすることでダウンジャケットのクリーニング頻度を減らせます。5分程度で完了するものもあるため、ぜひ参考にしてください。

 

それでは、ダウンジャケットのクリーニング頻度を減らす方法を具体的に見ていきましょう。

ブラッシングする

ダウンジャケットを脱ぐときに、毎回軽く洋服ブラシをかけておくとクリーニングの頻度を減らせます。

 

ブラッシングすることで、表面に付着したホコリや花粉、軽い汚れなどを除去することが可能です。また生地によっては、毛玉発生や型崩れ、虫食いを防ぐことにもつながります。

 

特に冬場は空気が乾燥するため、少しの外出でも静電気によってさまざまなものが生地に吸着します。ブラッシングは日常的にできる簡単ケアのため、非常におすすめの対策法です。

襟・袖が汚れたら自宅で洗う

ダウンジャケットの襟や袖が黒く汚れてきたら、その都度自宅で洗うのをおすすめします。

 

襟や袖は直接肌に触れる部分のため、皮脂汚れで黒くなりやすい部分です。そこで、食器用洗剤やおしゃれ着洗剤といった「中性洗剤」を使って汚れを拭き取ると、春にクリーニングに出す際に余分なシミ抜き料金がかからずに済みます。自宅での汚れの取り方は、以下のとおりです。

 

1.ぬるま湯を張る

2.小さじ半分/ℓの中性洗剤をぬるま湯に溶かす

3.スポンジに2を含ませる

4.襟や袖など汚れ部分をスポンジでこする

5.洗剤を入れていないぬるま湯で、タオルを濡らす

6.洗った部分をタオルで拭く

7.風通しの良い場所で乾かす

 

手順4の際は生地を傷めないようにするため、力を込めてスポンジでこするのではなく、優しく撫でて洗うようにしてください。

撥水加工してもらう/撥水作用のある仕上げ材で洗う

春になってクリーニングに出す際、あわせて撥水加工を付けてもらうのがおすすめです。

 

撥水加工とは、シリコンやフッ素樹脂で生地の繊維をコーティングすることで水をはじく加工を言います。撥水加工は、水をはじくだけでなく汚れが付きにくくなる効果もあるため、結果的に長持ちさせられます。

 

撥水の効果は着用や洗濯によってのみ落ちるため、春に撥水加工をして次の冬まで保管しておいても効果が薄まることはありません。撥水加工は500円前後で付けてもらえるため、シミになってから高い料金でシミ抜きするよりも安く抑えることが可能です。

 

また、ダウンジャケットを自宅で洗濯する場合は、撥水作用のある仕上げ剤を使用するとクリーニング店の撥水加工に近い効果が得られます。

 

撥水作用のある仕上げ剤の一例として、エバニューから出ている「ニクワックスダウンプルーフ」があります。

 

しかし、市販のスプレーを使って自分で行うとムラになって均一にスプレーできず、効果が薄れたりシミになる可能性もあるため注意が必要です。

濡れたらきちんと乾かす

ダウンジャケットを着用していて雨や雪で濡れた場合は、きちんと乾かしてから収納するようにしましょう。

 

濡れた状態のまま放置しておくと、生地を傷めたりカビが発生したりする原因になります。また、早く乾かしたいからといってドライヤーを使用すると生地が傷んでしまうため避けてください。

 

ダウンジャケットが濡れた場合は、乾いたタオルで水分を拭き取り、日陰に干して乾燥させましょう。

通気性の良い場所で保管する

ダウンジャケットの着用後は太めのハンガーに掛け、通気性のよい場所で保管しましょう。

 

着用後、そのままクローゼットなどに収納した場合、湿気により臭いやカビが発生することもあるため注意が必要です。

 

通気性を良くすることでダウンの中に風が通り、湿気がこもるのを防げます。また、ダウンに空気を含ませることで、暖かさを保てるなどのメリットもあります。

除菌消臭スプレーをかける

定期的に除菌消臭スプレーをかけてお手入れする方法もあります。

 

除菌消臭スプレーは両面に行き渡るように5回ほどスプレーし、1日干しておくと効果的です。使用した後は、風通しの良いところで乾かしましょう。

 

除菌消臭スプレーをかけることで、ダウンジャケットに付着したウィルスを除去し、雑菌などの繁殖を抑えられます。また、汗や皮脂汚れによる臭いを軽減し、ダウンの中に嫌な臭いがこもってしまうことを防げます。

 

しかし、臭いの元や汚れを落としているわけではないため、応急処置として使用してください。

まとめ

ダウンジャケットの最適なクリーニング頻度や、頻度を最小限に抑えるためのお手入れ方法をご紹介してきました。

ポイント

ダウンジャケットのクリーニング頻度は年1回程度で十分
着用頻度に合わせてクリーニング頻度も変える
クリーニングのし過ぎもかえってよくない

大切なダウンジャケットを少しでも長く着続けられるよう、ぜひこの記事をご活用ください。