浴衣 クリーニング
あなたにぴったりの宅配クリーニング

「時間がなくて記事全文を読めないけど、今すぐにおすすめのクリーニング店を知りたい」という方には、相場より安い「リナビス」に出すとクリーニング代を節約できるので、おすすめです(全国対応)。

 

■浴衣のクリーニング代(料金相場:1,300円前後)
・リナビス:940円~1,560円

・白洋舎:2,500円(外出用)
・リネット:3,100円

 

さらに12ヶ月保管無料サービス付きなので、来シーズンまでそのまま浴衣を預けられます。なお、リナビスは受入上限に達した場合、新規受注ができなくなるとのことです。そのため、少しでも浴衣を安くクリーニングしたい方は、今すぐリナビス公式サイトをご覧ください。

浴衣は洗濯とクリーニングどっち?

浴衣

浴衣は、色落ちしやすく自宅で洗濯するのが難しいため、基本的にはクリーニングに出すことをおすすめします。特にこれから説明するものに該当する浴衣は必ずクリーニングに出した方が良いでしょう。

 

なお、自宅で浴衣を洗濯したい方は「浴衣の洗い方は実は簡単!? 家庭での洗濯方法をプロに聞いてみた」をご覧ください。

洗濯表示が「家庭での洗濯禁止」のもの

洗濯表示 家庭での洗濯禁止

出典 Panasonic

 

洗濯表示が「家庭での洗濯禁止」になっている浴衣は、自宅で洗うことができないため、クリーニングに出す必要があります。

新表示 水洗いxマーク (旧表示: 水洗いxマーク ) が付いていたら、家庭で洗濯できないので、クリーニング店にお任せしましょう。

また、浴衣によっては洗濯表示自体がない場合がありますが、こうした浴衣もクリーニングに出すことをおすすめします。

色落ちしやすい色の濃い浴衣

浴衣は、基本的に藍色系や紅色系などくっきりした色合いの布地が多いです。また、化学染料で機械的に染める場合と、手作業などで自然の染料を使って染める場合とがあるため、生地の染め方によって洗い方の注意点が異なります。

 

浴衣の色が濃い場合や、自然の染料を使っている場合などは色落ちしやすく、場合によっては白地の部分へ滲んでしまう場合もあります。

柄の色が紺、赤、黒など色の濃い生地は水で洗うと色が出ることがあるので注意。 色が出るかどうかを事前にチェックする方法があります。 白いタオルに少し液体洗剤をつけて、色のついた柄をトントンと叩きます。 白いタオルの方に色がついたら必ず色が出て、となりの薄い色に色が移ってしまいます。

白いタオルに液体洗剤をつけて浴衣を軽く叩いたときに、タオルに色が移った場合は、クリーニングに出すようにしましょう。

きせがある浴衣

浴衣を着た時に、外側から縫い目が見えないようにする縫い方が施されていることがあるのですが、この縫い方のことを「きせ」といいます。

 

浴衣の見栄えの美しさが工夫されたものなのですが、家庭用洗濯機や、機械仕上げを行うクリーニングの場合には「きせ」が取れてしまうリスクがあります。

 

そのため、きせのある浴衣は、クリーニングに出す必要があり、さらに手作業で行ってもらえるかどうかを確認したほうがよいでしょう。

浴衣をクリーニングに出す前の注意点

浴衣

色落ちにも対応できる染色補正技能士がいる専門店に頼む

浴衣の生地模様の作られ方は、他の衣類と比べて特殊です。そのため、色落ちにも対応することのできる「染色補正技能士」がいる専門店に頼むことをおすすめします。

帯は別料金になる

浴衣は、浴衣本体と帯と、それぞれにクリーニング代金がかかります。浴衣と同じように、帯も丁寧なクリーニングが必要なものの1つに挙げられます。1セット依頼する場合にも、それぞれの値段がかかることを覚えておきましょう。

 

関連記事もチェック

浴衣のクリーニング代の料金相場はいくら?

浴衣

浴衣のクリーニング料金(値段)の相場は、1,300円前後なります。なお地域や店舗、洗い方により料金は変わります。例えば、「安い店舗だと900円前後」「高い店舗だと3,000円前後」となります。

 

また、浴衣のクリーニングの料金が安い店舗は機械仕上げ、料金の高い店舗は手仕上げであることが多いです。

 

浴衣の生地によって、値段が変わる店舗もあります。例えば、手洗いが必要な「絞り浴衣」を出す場合、通常の浴衣のクリーニング料金に1,000円前後上乗せされることもあります。そのため、まずは一度店舗でおおよそのクリーニング料金を確認することをおすすめします。

帯のクリーニング料金

クリーニング店の多くは、帯1本500円~1,000円前後の料金設定です。そのため、浴衣と帯をクリーニングする場合は、合計2,000円~4,000円前後となります。

染み抜きの値段

染み抜きの値段は、1,500円~5,000円前後が目安となり、染みの状態により値段は変動します。

 

例えば、染みが1~2箇所なら1,500円、3~4箇所なら3,000円、染みの範囲が広いなら4,500円となります。また、「染みが変色しているか?」「染みの種類は何か?」など難易度が上がるほど値段も高くなる傾向にあります。

 

染み抜きの値段は見積もりになることが多いため、事前にクリーニング店のスタッフに確認するようにしましょう。

オプション加工の値段

浴衣をクリーニングする際に、注文したいオプション加工として「撥水加工」と「汗抜き加工」が挙げられます。

 

撥水加工をしておくと、雨(湿気)や食べこぼしなどのダメージを軽減できます。撥水加工の値段は400円~となっており、クリーニング店より異なります。

 

汗抜き加工をすることで、皮脂汚れや染み込んだ汗を落とせます。そのため、保管時のダメージや匂いを軽減できます。汗抜き加工の値段は、500円~となっており、クリーニング店により異なります。

浴衣のクリーニング料金を比較!白洋舎より値段が安いのは?

白洋舎の浴衣のクリーニング料金は、外出用の浴衣で2,500円、寝巻き用の浴衣で800円となっています。白洋舎の外出用浴衣を基準にして、ここでは白洋舎より安いサービスをご紹介します。

 

まず。パック料金制の宅配サービスを利用することで、白洋舎より安くクリーニングに出せます。また、浴衣をわざわざ店舗に持っていくのが面倒な場合、自宅にいながら浴衣をクリーニングに出せることもうれしい点です。

 

中でもリナビスは、浴衣を1点あたり940円から1,560円でクリーニングしてもらうことができるため、値段を重視する人にはおすすめになっています。

 

サービス 値段
Lenet(リネット) 3,100円
リナビス 990円~1,560円
ネクシー 1,530円~1,800円
キレイナ 3,000円
ピュアクリーニングプレミアム 1,200円~1,500円

浴衣を相場より安くクリーニングできる宅配サービス

テレビ出演多数の人気サービス「リナビス」

リナビス

リナビスは、カンブリア宮殿でも紹介された「おせっかいなほど親切なサービス」が特徴の宅配クリーニングになります。ベテラン職人がクリーニングを担当しており、1つ1つの浴衣に最適な方法で洗ってもらえます。

 

リナビスはパック料金制を採用しており、衣類の種類問わず同じ値段でクリーニングしてくれます。そのため、浴衣のクリーニング料金は、1点あたり990円~1,560円となります。

 

なお、帯のクリーニング料金は相場よりも高くなるため、「浴衣のみリナビスに出して、帯は地域のクリーニング店に出す」のように使い分けることをおすすめします。

  リナビスの詳しい口コミ評判や料金、デメリットについて知りたい方は、「リナビスは最悪?口コミ評判悪いは本当?クリーニング品質を検証レビュー」をチェックしてください。

 

宅配クリーニングおすすめランキング
人気宅配クリーニングを比較レビュー!おすすめランキングTOP5 | 料金が安い・口コミ評判で有名など、どこがいい?| タククリ
2019-01-30 19:08
どこがいい?おすすめ宅配クリーニング早見表 「今すぐに、おすすめの宅配クリーニングを知りたい」 そのような方は、以下のフローチャートを参考にしてください。45業者の中から目的に沿...