長襦袢クリーニング
あなたにぴったりの宅配クリーニング

クリーニングに出すべき長襦袢

正絹などの水に縮みやすい素材のもの

長襦袢の素材には、絹(シルク)や化繊が使われていることが多いです。化繊の場合は自宅でも洗濯することができますが、シルクは水に濡れると縮みやすいため、家庭での洗濯には向いていません。

 

そのため、正絹などで作られている長襦袢はクリーニングに出しましょう。

長襦袢はどのくらいの頻度でクリーニングに出せば良い?

長襦袢は着物に比べて直接肌に触れるため、汗や皮脂がつきやすいです。着物の扱いに慣れている場合は、普段は自宅で洗い、長期保管前に1度クリーニングに出す程度でよいでしょう。

 

着物を着る機会がほとんどなく、自宅で洗うのが心配な場合は、汗ジミや黄ばみのもととなる汚れを取り除くためにも、1回ごとにクリーニングに出すとよいでしょう。半襟を取り外した方がきれいに仕上がります。

長襦袢をクリーニングに出すときにかかる日数

長襦袢を単品でクリーニングに出す場合は、1週間から2週間程度かかります。ただし、着物と一緒にクリーニングに出す場合は、着物のほうのクリーニングに時間がかかります。

 

店舗を利用して個別の仕上げごとに受け取る場合を除いて、依頼した時のセットで受け取るには1か月ほどかかります。

 

特に宅配クリーニングで、箱やバッグにまとめて集荷依頼する場合は、基本的に「返送時もセットで受け取る」システムで、個別返送に応じてもらえない場合が多いため、着物と一緒に出した場合は1か月程度かかると思っておいた方が良いでしょう。

長襦袢の宅配クリーニングの料金を一覧で比較

長襦袢のクリーニング料金の相場は、5,000円程度になっています。

 

長襦袢は着物と一緒にクリーニングに出すことが多いと思いますが、店舗まで持っていくのが大変な場合は、集荷サービスがあり、自宅にいながらクリーニングに出すことができる宅配クリーニングがおすすめです。

 

長襦袢の宅配クリーニングの料金は、相場と同じくらいになっていますが、キレイナは3,000円で長襦袢をクリーニングに出すことができますので、料金を重視する人におすすめになっています。

 

サービス 料金
Lenet(リネット) 5,750円
キレイナ 3,000円
きものtotonoe 4,200円~5,200円
ピュアクリーニングプレミアム 4,000円

長襦袢におすすめの宅配クリーニング

キレイナ

キレイナアイキャッチ

キレイナは、クリーニングの難しいドレスや高級品にも対応しているなど、品質の高いクリーニングが強みのサービスになっています。

 

キレイナの料金は全体的に高めになっていますが、長襦袢は3,000円という相場の半額近い料金でクリーニングしてもらうことができますので、安くクリーニングして欲しい人におすすめになっています。

 

モンクレールやカナダグースを出した

お客様の声はこちら

キレイナの詳しい口コミ評判や料金、メリットについて知りたい方は、「キレイナでクリーニングした人の口コミ評判は?SNS上のレビューを調査」をチェックしてください。

きものtotonoe

きものtotonoe

きものtotonoeは、着物を専門とするサービスで、年間6万点を超える豊富な着物のクリーニング実績があります。

 

きものtotonoeは、「丸洗いコース」と「匠の診断コース」の2種類があり、匠の診断コースの場合は職人によって1枚1枚丁寧にクリーニングしてもらうことができます。

 

そのため、高級な正絹の長襦袢や大切な長襦袢のクリーニングにおすすめになっています。

 

きものtotonoeの詳しい口コミ評判や料金、メリットについて知りたい方は、「きものtotonoe(トトノエ)の宅配クリーニングの口コミ評判は良い?料金やメリットも詳しく紹介!」をチェックしてください。

 

宅配クリーニングおすすめランキング
【2020年最新】宅配クリーニングおすすめ人気ランキングTOP45!口コミ評判を徹底比較!
2019-01-30 19:08
【2020年最新】宅配クリーニング人気おすすめ比較ランキングTOP45 【第1位】おせっかいなほど親切丁寧「リナビス」 総合評価 こんな方におすすめ 宅配クリーニング初心者、やや品...