スーツ クリーニング 頻度
あなたにぴったりの宅配クリーニング

「時間がなくて記事全文を読めないけど、今すぐにおすすめのクリーニング店を知りたい」という方には、普段使いの衣類クリーニング人気No1の「リネット」がおすすめです(全国対応)。

 

・自宅で完結。もう店舗に行く必要がない

・深夜でもコンビニから配送できる
・最短2日なので、急ぎでもすぐに受け取れる

 

そのため、リネットを利用することでクリーニング店舗との往復から解放されます。また、現在20%OFFキャンペーン実施中です。いつ終了するか分からないため、今すぐ公式サイトをご確認ください。

スーツを毎回クリーニングに出さない方が良い理由

スーツ

夏のように汗を大量にかく時期は、スーツを着用したら毎回クリーニングに出す方もいます。しかし、スーツを頻繁にクリーニングに出すと生地が傷み寿命が短くなります。

 

一般的なクリーニング店舗では、ドライクリーニングでスーツを洗っています。ドライクリーニングは、スーツに付着した皮脂汚れを落としやすいというメリットもありますが、スーツの繊維から油分が抜けてしまいやすく、生地のツヤが失われやすいというデメリットもあります。

 

また、高温でプレスすることによりスーツの生地がダメージを受けやすいこともスーツを頻繁にクリーニングに出さない方が良い理由の1つです。

 

しかし、スーツをクリーニングに出さないことでも、シーズンオフ時の長期保管によるダメージを受けてしまいスーツの寿命が短くなります。そのため、適切な頻度でスーツをクリーニングに出すことが大切です。

スーツをクリーニングに出す頻度(タイミング)は?

スーツ

スーツをクリーニングに出す頻度は、1シーズンに2回程度がおすすめです。また、スーツのズボンは3回着用したらクリーニングに出すことが一般的です。あまりにも頻繁にスーツをクリーニングに出すと、スーツに負担がかかり生地が痛みやすいため注意しましょう。

 

また、シーズンオフのスーツをクローゼットに保管する前にも出すことをおすすめします。汗や汚れが付着したまま長期間保管することで、カビの原因になったり、生地がダメージを受けたり、生地に臭いが染みついたりと来シーズン着用するときに困る可能性があります。

 

なお、汗の量や汚れ具合などは時期や着用回数により異なるため、出すタイミングは状況により変わります。そこで、これから時期(夏・冬)や着用回数などを踏まえて、それぞれどの程度の頻度でクリーニングに出せば良いか見ていきましょう。

 

関連記事

時期(夏・冬)による目安

夏のような汗をかきやすい時期は、2週間に1回程度の頻度を目安にクリーニングに出すことをおすすめします。

 

夏のスーツは夏向けの仕様として、背中にある裏地の部分がカットされた背抜型と呼ばれる風通しの良い作りとなっていますが、それでもTシャツなどに比べるとかなり熱がこもりやすく、汗もかきやすいため、型崩れや汚れ、ニオイなどが付きやすいです。

 

また、皮脂汚れによるダメージを受けることはもちろん、汗や湿気でスーツが濡れることでカビが発生する可能性もあります。そのため、2週間に1回程度を目安にスーツをクリーニングに出しましょう。

 

冬のように汗をかきにくい時期は、1シーズンに1回程度の頻度を目安にクリーニングに出すことをおすすめします。

 

冬は余程高温なオフィスでない限りは汗をかきませんし、冬のスーツは厚手のフェルトや撚糸などの布地を使っているため、夏のように頻繁にクリーニングに出すと、かえって傷みの原因になります。そのため、クリーニングの頻度は1シーズンに1回程度に留めておくと良いでしょう。

 

ただし、雪や雨などでスーツが濡れたときやワインやソースなどをこぼしたときなどは早めにクリーニングに出すようにしましょう。

着用回数による目安(あまり着ない場合)

毎日仕事でスーツを着る場合は、2週間に1回程度の頻度でクリーニングに出すことをおすすめします。

基本的なスーツのクリーニング頻度はこれまで紹介した通りで問題ないのですが、汗をかきやすい方は例外です。汗はスーツの傷みを早めたり、汚れやにおいを付けてしまうので、2週間よりも短い頻度でクリーニングに出したり、スーツのローテーションを早める工夫が必要になります。

 

ただし、スーツを7~10着程度でローテーションしている場合は、汚れや臭いが気になったらクリーニングに出す程度で構いません。

 

なお、スーツを普段あまり着ない場合でも、クローゼットに長期間収納する前に、一度クリーニングに出すようにしましょう。一度着用しただけでも、汗が付着していたり、知らない内に食べこぼしが付着している可能性もあります。

 

その場合、虫食いの原因になりますので、「汚れていないように見えるから大丈夫」と思わずに、クリーニングに出してから収納することをおすすめします。

スーツのクリーニング回数や頻度を減らす方法

スーツ

春夏と秋冬のスーツを5着ずつ用意する(間隔をあける)

スーツは最低3着以上持っておくことが望ましいと言われています。なぜなら、3着をローテーションすることで、1日着用したスーツを中2日休ませられるためです。そうすることで、スーツに付着した水分が乾燥して、形崩れやシワを防ぐことができます。

 

しかし、3着は最低ラインと言えます。理想は、春夏と秋冬のスーツをそれぞれ5着ずつ用意して、週1回程度の着用で済ませることです。そうすることで、クリーニング頻度を減らして、スーツの寿命が短くなることを防げます。

ウォッシャブルスーツを着用する

ウォッシャブルスーツとは、自宅の洗濯機で水洗いできるスーツのことです。耐久性が高いため、形崩れや縮みに強い特徴をもつスーツです。

ウォッシャブルスーツとは、洗濯機で“洗える”イージーケアを目的としたスーツのことです。

ご家庭での水洗い洗濯が可能なため、ドライクリーニングでは落としにくい水溶性の汚れを落とすことができ、近年高まりつつあるエコロジーの観点からも環境に配慮した製品です。

ウォッシャブルスーツを中心に着用することで、クリーニング店舗にスーツを出す頻度が減ります。そのため、クリーニング代を節約できたり、休日に毎回クリーニング店に通う必要もなくなります。

 

ウォッシャブルスーツについて詳しく知りたい方は「【本当に洗える?】ウォッシャブルスーツを自宅の洗濯機で洗う方法と注意点」をご覧ください。

着用後のケアを怠らない

スーツを長持ちさせるためには、着用後のケアが大切です。1日中着用したスーツには、大量のホコリが付着しています。そのまま放置していると、繊維内にホコリが入り込み、虫食いの原因になります。

 

そのためスーツを着用したあとは、ブラッシングして付着したホコリを落としましょう。ブラッシングのやり方は以下の動画が分かりやすいため、ぜひご覧ください。


また、スーツのメンテナンス方法について詳しく知りたい方は「お手入れ&保管はこれでOK!スーツのメンテナンス術」をご覧ください。

ハンガーを使い分けてダメージをおさえる

スーツを長持ちさせるためには、ハンガーの選び方も大切です。

 

例えば、肩先の厚みが50ミリ以上ある厚めの木製ハンガーを利用することで、形崩れを防ぎやすくなります。しかし、木製ハンガーは水に弱いため、湿気のある日や濡れたスーツには適しません。その場合は、水に強いプラスチック制のハンガーを選ぶことをおすすめします。

 

また、スーツズボン(スラックス)には、吊るして挟むタイプのものが適しています。このようにハンガーを使い分けることで、スーツのダメージを抑えることができます。スーツハンガーについて詳しく知りたい方は「ハンガーの選び方」をご覧ください。

適切な環境で保管する

スーツの寿命を伸ばすためには、保管場所も大切です。特に、以下の場所にスーツを保管すると、生地がダメージを受けやすいため注意してください。

    スーツの保管に適さない場所
    • 高温多湿な場所
    • 直射日光の当たる場所
    • 風通しの悪い場所

    高温多湿な場所は、雑菌が繁殖しやすいため適しません。また、直射日光を浴びたスーツは紫外線の影響でダメージを受けるため、日陰にスーツを保管することが望ましいです。

     

    最後に、スーツを乾燥させるためには通気性の良い場所で保管することが大切です。その際は、スーツと他の衣類の間隔を最低2㎝以上開けることをおすすめします。なお、スーツのポケットに入っている中身を取り出してから収納するようにしましょう。

     

    宅配クリーニングおすすめランキング
    【2020年最新ランキング】人気宅配クリーニングを比較レビュー!口コミ評判が良いおすすめ業者は?| タククリ
    2019-01-30 19:08
    宅配クリーニングのメリットとデメリットを知って賢く使おう! 店舗と宅配を比べると、宅配の方が高いイメージがあります... ワイシャツやセーターを出す場合は店舗の方が安いです。しかし...