スーツクリーニング

スーツはどのくらいの頻度でクリーニングに出せば良い?

スーツをクリーニングに出す頻度は、夏、冬、汗をかきやすい体質の場合で異なっています。それぞれどのくらいの頻度で出せば良いのか見ていきましょう。

夏の場合

夏の場合、スーツをクリーニングに出す頻度は2週間に1回程度が目安です。

 

夏のスーツは夏向けの仕様として、背中にある裏地の部分がカットされた背抜型と呼ばれる風通しの良い作りとなっていますが、それでもTシャツなどに比べるとかなり熱がこもりやすく、汗もかきやすいため、型崩れや汚れ、ニオイなどが付きやすいです。

 

そのため、3着程度のスーツを用意して着回しを行い、2週間に1回程度はクリーニングに出すのがベストと言えます。

冬の場合

冬の場合、スーツをクリーニングに出す頻度は1シーズンに1回程度でも大丈夫なことが多いです。

 

冬は余程高温なオフィスでない限りは汗をかきませんし、冬のスーツは厚手のフェルトや撚糸などの布地を使っているため、夏のように頻繁にクリーニングに出すと、かえって傷みの原因になります。

 

そのため、クリーニングの頻度は1シーズンに1回程度に留めておくと良いでしょう。

汗をかきやすい場合や頻繁に着用する場合

基本的なスーツのクリーニング頻度はこれまで紹介した通りで問題ないのですが、汗をかきやすい方は例外です。

 

汗はスーツの傷みを早めたり、汚れやにおいを付けてしまうので、2週間よりも短い頻度でクリーニングに出したり、スーツのローテーションを早める工夫が必要になります。

スーツをクリーニングに出すときにかかる日数

スーツをクリーニングに出した際にかかる時間は、ドライクリーニングの場合、ウェットクリーニングの場合、即日仕上げを依頼した場合でそれぞれ異なっています。

ドライクリーニングの場合

ドライクリーニングとは、文字通り、水をほとんど使わずに行うクリーニングのことで、水の代わりに有機溶剤(工業ガソリンなどの薬品)を使って洗う方法のことです。

 

ドライクリーニングの場合は、それほど時間がかからずにクリーニングが完了し、即日~3日以内で仕上げてもらうことができます。

 

ドライクリーニングは、水で落ちない油性の汚れを落とすことができますが、その一方で汗などの水溶性の汚れは落とすことができないため、こうした汚れが目立つ場合は、ウェットクリーニングを利用する必要があります。

ウェットクリーニングの場合

ウェットクリーニングとは業務用の特殊洗剤と水を使ったクリーニングで、型崩れ、繊維のちぢみや表面の荒れといったトラブルを防ぐ洗い方のことです。

 

ウェットクリーニングの場合は、ドライクリーニングよりも時間がかかってしまい、仕上がりまでに7日以上かかります。

 

特にスーツのような水洗いが難しい洋服に対して行う場合は、高度な技術力が必要で時間もかかるクリーニング方法になっています。

即日仕上げを依頼した場合

即日仕上げを依頼した場合、出したその日の夕方にはクリーニングをお願いした衣服を受け取ることができます。

 

ただし即日で受け取るためには、即時仕上げに対応しているクリーニング店舗に、午前中までに出す必要があります。つまり、午後一番で出しても間に合わない場合が多く、即日で仕上げられません。

 

また、染み抜き、撥水加工、ウェットクリーニングを行うことができないので注意が必要です。

スーツのクリーニングの出し方の注意点

上下一緒に出す

スーツは上下で一つの服になりますから、上下一緒に出すことをおすすめします。仮に上下バラバラで出してしまうと、いつの間にか色もバラバラになってしまい、スーツの統一感が失われてしまう可能性があります。

クリーニングに出し過ぎは注意する

スーツの場合、クリーニングの出し過ぎにも注意が必要になります。クリーニングに出し過ぎることで、必要以上に油分が落ちてしまい、傷みが発生する原因となってしまうことがあります。

 

そのため、最初に紹介した頻度を目安にスーツのクリーニングを行うと良いでしょう。

シミや傷、汚れがある場合は伝えておく

スーツにシミや傷、汚れがある場合は、事前に伝えておくとスムーズです。クリーニング店によっては、シミ抜きを有料としている場合もあり、追加料金が必要になる場合があります。

 

また、店側も事前に把握しておくことで、対応がしやすくなりますし、トラブル防止にも繋がります。

ポケットの中身は空にしておく

スーツをクリーニングに出す前に必ずポケットの中身は空にしておくようにしましょう。

 

中身が入っている場合、スーツのポケットの中身をその場で店員さんに渡され、持って帰ることになりますが、余計な荷物が増えることになります。

 

また、万が一そのままクリーニングにかけてしまった場合、ペンなどのインク汚れが付いたりトラブル発生の元になります。

撥水加工をするとより良い

撥水加工は水だけではなく、食べこぼしやホコリ、花粉からスーツを守ってくれますので、冬の雪や梅雨の雨、春先の花粉対策にもおすすめの加工です。

スーツのクリーニングの料金の相場

スーツをクリーニングに出す場合、チェーン店、高級クリーニング店、宅配クリーニングによってそれぞれ料金相場が異なっています。

チェーン店

一般的なチェーン店の場合、スーツのクリーニング料金(ドライクリーニングの場合)は、1,000円から2,000円程度になっています。

 

即日仕上げしてくれる店舗もあるため、とにかく急ぎたい人に向いている方法になっています。

高級クリーニング店

高級クリーニング店の場合、5,000円から1万円前後になっています。職人が一着ずつ丁寧に仕上げをしてくれるため、料金は高めになっています。

 

大切なスーツを丁寧にクリーニングしてほしい人におすすめになっています。

宅配クリーニング

宅配クリーニングのスーツの料金相場は、利用するサービスによって大きく異なっており、600円程度で利用できるものから7,500円程度かかるところまで幅広くなっています。

 

宅配クリーニングは即日の納品はできませんが、家にいながら集荷してもらい、そのまま届けてもらう利便性の高い方法で、利用するサービスによっては料金も格安であるため、スーツのクリーニングに最もおすすめの方法になります。

スーツの宅配クリーニングの料金を一覧で比較

宅配クリーニングの場合は、衣類ごとに個別で設定されている場合とパック料金(○点で○円)というものがありますが、スーツのようにクリーニング代が高いものは、パック料金が設定されている場合の方がお得に利用できる傾向があります。

 

以下の比較表を見ても分かる通り、スーツをクリーニングに出す場合は、せんたく便もしくはサマリーポケットの料金がお得になっています。

 

サービス 料金
Lenet(リネット) 1,610円
リナビス 940円~1,560円
せんたく便 698円~996円
カジタク 900円~1,108円
サマリーポケット 620円~880円
ネクシー(Nexcy) 1,370円~1,620円
プラスキューブ 7,500円
キレイナ 6,500円
ピュアクリーニングプレミアム 2,500円~5,000円

スーツにおすすめの宅配クリーニング

せんたく便

せんたく便

せんたく便は、料金の安さに定評がある宅配クリーニングで、スーツも698円から996円でクリーニングに出すことができます。

 

送料も無料になっているため、安くクリーニングしてもらいたい人にはおすすめになっています。

 

せんたく便の詳しい口コミ評判や料金、メリットについて知りたい方は、「せんたく便の宅配クリーニングは最悪?口コミ評判や料金も徹底解説!」をチェックしてください。

リナビス

リナビス

リナビスは、高品質なサービスを提供していることで知られており、熟練40年の職人によりスーツを丁寧にクリーニングしてもらうことができます。

 

料金はせんたく便やサマリーポケットと比較すると割高になっていますが、衣類に優しい自然乾燥を行ってもらうことができるなど、クリーニングの品質を重視している人におすすめになっています。

 

大切なスーツをクリーニングに出すときにはぴったりのサービスと言えます。

 

リナビスの詳しい口コミ評判や料金、メリットについて知りたい方は、「リナビスの宅配クリーニングは最悪?口コミ評判や料金も徹底解説!」をチェックしてください。
  • プレミアム宅配クリーニング(ディノス)の口コミ評判は?料金やメリットを解説!
  • 宅配クリーニング賠償・補償
    クリーニングの事故賠償基準とは?各宅配クリーニングの補償についても紹介!
  • 宅配クリーニングのトラブル
    宅配クリーニングのトラブルが急増!事例と未然に防ぐ方法を詳しく紹介!
  • 宅配クリーニング選び方
    【目的別】宅配クリーニングの選び方!自分にぴったりのサービスを見つけよう!
  • 宅配クリーニング品質
    宅配クリーニングの品質を比較!高級衣類やブランドものにおすすめなのはどこ?
  • 宅配クリーニングシミ抜き
    宅配クリーニングのシミ抜きの料金は無料?種類ごとにおすすめを紹介!