マフラー クリーニング
あなたにぴったりの宅配クリーニング
この記事のポイント
  • クリーニングに出すべきマフラーが分かる
  • マフラーのクリーニング代(料金相場)が分かる
  • 相場より安いクリーニング業者が分かる

クリーニングに出すべきマフラー

マフラーをクリーニングに出す方はどのくらいいるのでしょうか?株式会社日本政策金融公庫の調査よると、クリーニングに出した品目の割合が男性69%、女性59%という調査結果が出ています。

○クリーニングに出した品物の内容(詳細)(複数回答)
【自分の身の回り品】
男性「ネクタイ」69%、「マフラー」47%、「帽子」12%
女性「マフラー」59%、「ショール」36%、「スカーフ」35%

このように多くの方がマフラーをクリーニングに出しています。それでは、どのようなマフラーをクリーニングすべきでしょうか?これから見ていきましょう。

水に弱い素材のもの(カシミヤ・ウール)

マフラーには、カシミア・アルパカなどのウール系素材や、麻やシルクといった天然素材が使われていることが多いです。こうした素材は水に弱いため、自宅で洗濯した場合、縮んでしまう可能性があります。

 

クリーニングに出すことで、水をほとんど使わないドライクリーニングをしてもらうことができるため、こうした素材のマフラーは、クリーニングに出すのが良いと言えます。

洗濯表示が「家庭での水洗い禁止」のもの

水洗い不可

洗濯表示が「家庭での洗濯禁止」のマフラーは、クリーニングを利用しましょう。

 

水に弱く縮みやすい素材が使われているマフラーもありますので、洗濯表示を確認することをおすすめします。

色が濃いもの

色が濃いマフラーは、自宅で洗うと色落ちしてしまう可能性がありますので、できるだけクリーニングに出した方が良いと言えます。

 

色落ちするかどうかは、「色落ちテスト(白いタオルや綿棒に洗浄液をつけてマフラーを軽く叩き、色がつくかどうかを見る)」と呼ばれる方法で試すことができますので、特に色の濃いマフラーを自宅で洗濯する際には必ず試すようにしましょう。

どのくらいの汚れでマフラーをクリーニングに出すべき?

マフラーをクリーニングに出すタイミングは、汚れや匂いに気づいたときがおすすめです。マフラーは、口元や顔、首に触れるなどして、化粧品や汗などがつきやすいアイテムです。冬場に着用するため、風邪やインフルエンザなどの菌・ウィルスが付着する可能性もあります。

 

使い続けると汚れが定着し、肌荒れや感染の原因などに繋がりますので、汚れや匂いに気づいたら早めにクリーニングに出すとよいでしょう。

マフラーのクリーニング頻度は?

マフラーは、シーズンの最後に1回クリーニングに出すのが良いと言えます。

 

汚れや臭いが気になる場合には、1か月に1回程度出してもかまいませんが、頻繁なクリーニングは、かえってマフラーの生地を傷める原因となりますので注意が必要です。

 

また、長期保管前には、消臭加工や防虫加工のオプションを頼むと、よりよい状態で長く使うことができます。

マフラーをクリーニングに出すときにかかる日数

マフラーをクリーニングに出すと、即日から1週間程度で受け取ることができます。

 

即日対応している店舗に、午前中のうちにマフラーを持ち込んだ場合は、その日の夕方に受け取ることができますが、宅配クリーニングの場合は、1週間程度かかることがあります。

 

そのため、すぐにマフラーを受け取りたい場合は、店舗にマフラーを持ち込むのがおすすめですが、自宅にいながらクリーニングに出したい場合や店舗まで持っていくのが面倒な場合は、宅配クリーニングを利用をすると良いでしょう。

 

マフラーのクリーニング代(値段)はいくら?料金相場は?

マフラーのクリーニング代の料金相場は、600円前後となってます。なお地域や店舗、マフラーの素材によりクリーニング代は変わります。例えば、カシミヤは通常のクリーニング料金の10倍前後になることもあります。

 

店舗 クリーニング代
ポニークリーニング 500円~
白洋舎 600円~
リネット 700円~

 

また、オプション加工をつけると値段は高くなります。例えば、消臭加工(300円~)や防虫加工(300円~)をつけることで、マフラーのクリーニング料金は1,000円前後になります。

マフラーにおすすめの宅配クリーニング

自宅にいながらクリーニングに出すことができる宅配クリーニングは便利ですが、マフラーのクリーニング料金は相場よりも少し割高になっていることが多いです。

 

ネクシーとピュアクリーニングプレミアムは相場よりも安い料金で、マフラーをクリーニングに出すことができますので、料金を重視する人にはおすすめになっています。

サービス 料金
Lenet(リネット) 700円~1,400円
リナビス 940円~1,560円
せんたく便 698円~996円
カジタク 900円~1,108円
サマリーポケット 620円~880円
ネクシー(Nexcy) 510円~600円
キレイナ 2,500円
ピュアクリーニングプレミアム 500円

料金の安さ重視なら「ネクシー」

ネクシー

ネクシーは、老舗クリーニング店による品質の高いサービスや、料金の安さが好評の宅配クリーニングです。

 

ネクシーのマフラーのクリーニング料金は、510円から600円となっており、相場よりも安い料金でクリーニングしてもらうことができます。

 

そのため、マフラーを安い料金でクリーニングに出したい人に特におすすめになっています。

 

ネクシーの詳しい口コミ評判や料金、メリットについて知りたい方は、「ネクシー(Nexcy)の宅配クリーニングの口コミ評判は良い?料金やメリットも詳しく紹介!」をチェックしてください。

ウールやカシミヤなどの高級マフラーなら「リナビス」

リナビス

リナビスは、カンブリア宮殿でも紹介された「おせっかいなほど親切なサービス」が特徴の宅配クリーニングになります。

 

リナビスのマフラーのクリーニング料金は、1点あたり940円から1,560円となっており、相場の1.5倍以上になっています。

 

しかし、リナビスはクリーニングの品質が高く、熟練の職人たちによって1枚1枚丁寧にクリーニングしてもらうことができます。

 

そのため、カシミヤなどの高級な素材のマフラーやブランドものを安心してクリーニングに出したい人に特におすすめになっています。

 

7月19まで!15万人突破キャンペーン実施中!

布団コースの注文で1,000円分のポイントがもらえる!

  リナビスの詳しい口コミ評判や料金、デメリットについて知りたい方は、「リナビスは最悪?口コミ評判悪いは本当?クリーニング品質を検証レビュー」をチェックしてください。

 

宅配クリーニングおすすめランキング
【2020年最新】宅配クリーニングおすすめ人気ランキングTOP45!口コミ評判を徹底比較!
2019-01-30 19:08
【2020年最新】宅配クリーニング人気おすすめ比較ランキングTOP45 【第1位】おせっかいなほど親切丁寧「リナビス」 総合評価 こんな方におすすめ 宅配クリーニング初心者、やや品...