ワイシャツ クリーニング料金相場
あなたにぴったりの宅配クリーニング

「時間がなくて記事全文を読めないけど、今すぐにおすすめのクリーニング店を知りたい」という方には、普段使いの衣類クリーニング人気No1の「リネット」がおすすめです(全国対応)。

 

・自宅で完結するため、店舗に行く必要がない

・深夜でもコンビニから配送できる
・最短2日なので、急ぎでもすぐに受け取れる

 

そのため、リネットはスーツやワイシャツなどの普段使いの衣類を出したい人から選ばれています。また、現在20%OFFキャンペーン実施中です。いつ終了するか分からないため、今すぐ公式サイトをご確認ください。

ワイシャツのクリーニング代の料金相場はいくら?

ワイシャツ

ワイシャツのクリーニング代の料金相場は、クリーニング店舗チェーンの場合は「約220円」となります。また宅配クリーニングの場合、「個別料金制が約285円」で「パック料金性が約880円」となります。

 

そのため、店舗クリーニングに出すとクリーニング代を安く抑えられます。反対にパック料金は点数に対して総額が決まるため、ワイシャツのみを出すと割高になってしまいます。

 

クリーニング店 ワイシャツ料金
ポニークリーニング 220円(地域、店舗によって異なる)
白洋舎 350円
うさちゃんクリーニング 209円(地域、店舗によって異なる )
ネクシー 330円
リネット 290円

 

なお、同じクリーニングチェーンでも地域や店舗によって料金が異なる場合もあります。料金を調べる際は、近くの店舗を確認するようご注意ください。

ワイシャツのオプション加工の平均価格

シミ抜き・黄ばみ落とし

シミ抜きや黄ばみ落としにかかる料金は、約500~50,000円ほどになります。料金の幅が大きいのは、シミの種類や付いた範囲によって異なるためです。

 

水洗いできる服に、食べこぼしのシミが付いた例を挙げます。このシミは水溶性で水に溶けやすいため、シミ抜きと洗浄の2つを利用すると落ちる可能性が高く、料金はあまり掛かりません。

 

またシミ抜きが別料金ではなく、サービスとして通常のクリーニング料金の中に含まれている店もあります。例えば宅配クリーニングのリナビスでは、いかなるシミも料金が掛かりません。

デラックス加工

デラックス加工の料金は、通常クリーニングの1.5〜2倍が相場になっています。なお、デラックス加工とは1着ずつ丁寧に仕上げる方法です。全て手仕上げで行うため、品物に合わせたケアをしてもらえるのがメリットです。

 

デラックス加工は、衣類の縮みや傷みを防止できて衣服が長持ちします。しかし、仕上げ性が高いため料金もそれ相応に高くなるのがデメリットです。そのため、高級ブランド品や、素材や飾りがデリケートなものはデラックス加工でのクリーニングをおすすめします。

ワイシャツのクリーニング料金を1円でも安くする方法

ワイシャツクリーニング

キャンペーン・セール・クーポンを活用する

ワイシャツの料金は、キャンペーンやセール、クーポンを利用することで安く抑えられます。ワイシャツはクリーニングの代表的な品物のため、各店でお得になる取り組みが行われやすいです。

 

例えば、大手チェーン店の白洋舎では「ワイシャツ回数券」を販売しています。12枚綴りで購入でき、値段は税抜きで3,500円です。ワイシャツ1枚の通常価格は税抜き350円のため、回数券を使うことで2枚無料でクリーニングできます。有効期限は6か月で、全国どの店舗でも利用可能です。

 

キャンペーンやセールの情報は各店のホームページやSNSで告知されているため、随時確認すると良いでしょう。

ノーアイロンシャツを利用する

ノーアイロンシャツとは、洗ってもシワにならないように特殊加工されたワイシャツをいいます。なぜクリーニング料金を節約できるかというと、自宅で洗った後にアイロン掛けが不要なためです。

 

アイロン掛けを頼むためにクリーニングに持っていく方であれば、出す必要性がなくなります。1枚250円で、5枚分を毎週クリーニングに出している方の例です。

 

ノーアイロンシャツに変えることでワイシャツに掛かるクリーニング料金が不要になり、月に約5,000円節約できます。この分をスーツのクリーニングに回したり、家計の足しにできるでしょう。

ワイシャツクリーニングなら「リネット」がおすすめ

ワイシャツをクリーニングに出す場合は、「リネット」がおすすめです。リネットのワイシャツ料金は、宅配クリーニングの中で最安値となっています。それでは、リネットがおすすめな理由を見ていきましょう。

深夜でもコンビニから配送できる

リネットのプレミアム会員になると、2回目以降は24時間いつでもコンビニから発送可能です。そのため、深夜でも自分の時間が空いているときに利用できます。

 

近所のクリーニング店では、夜遅くまで営業している場所は少ないため、時間がない中で仕方なく自宅で洗ってアイロン掛けしている方も多いかもしれません。深夜でもコンビニ発送が使えるとクリーニング会社に任せることができ、日々の生活にゆとりを作り出せます。

 

そのため、「帰宅時間が遅い方」や「日中は自宅にいられず宅配員に預けるのが難しい方」でもクリーニングに出せます。そのため、時間を気にせず利用できるため、効率良く時間を使えます。

個別料金制なので必要な枚数だけ出せる

リネットは店舗クリーニングと同じように、品物によって価格が決まっている個別料金制です。そのため必要な枚数だけをクリーニングに出せます。パック料金のように、点数分溜まるまで待つ必要がありません。

なお、パック料金でワイシャツを出すと割高になってしまいますが、定額だと損をせずに済みます。お手持ちのワイシャツの枚数に合わせて、自分の使いやすいサイクルでクリーニング可能です。ワイシャツの買い足しをせずとも、必要最低限の枚数でいつでも綺麗に着用できます。

最短2日のスピード仕上げ

リネットは、プレミアム会員だと業界最速の最短2日仕上げが可能です。店舗クリーニングと仕上がり日数はほぼ変わりません。さらに全国のほとんどの地域が対象です。

 

そのため、急いでワイシャツを仕上げてほしいときに重宝します。出し忘れたときや時間がないときでも、希望日時に間に合う宅配クリーニングがあると安心です。地域によって最短3日の宅配クリーニング会社もありますが、急いでいるときの1日の差は大きいでしょう。店舗クリーニングに行かずとも同等のスピードで利用できるため、より利便性が高まります。

 

関連記事もチェック

ワイシャツクリーニングに関するよくある質問

ワイシャツのクリーニング代が安いのはなぜ?

ワイシャツの料金が安い理由は、機械化によってコストを抑えているためです。洗い、乾燥、仕上げの一連の工程を全て機械が行います。

 

一番のコスト削減ポイントは、濡れた状態で機械に設置し乾燥と仕上げを同時に行っている点です。他の品物は、回転乾燥や自然乾燥で乾燥のみを施す工程があり、アイロンを用いて仕上げるのは別工程です。人の手間をかけない効率的な方法があるため、安い料金でワイシャツをクリーニングできます。

クリーニング料金が高い店と安い店の違いは?

ワイシャツのクリーニング料金は店によって異なります。例えば、同じワイシャツを出しても、そのクリーニング代が10倍以上違うこともあります。その違いは何でしょうか?

 

れは、クリーニング工程に違いがあります。高いクリーニング店は熟練の職人が1着ずつ最適な洗剤や洗い方を選定して洗い上げます。一方、安いクリーニング店は機械によって大量のワイシャツを同時に洗い上げます。

 

そのようなクリーニング工程の違いから、ワイシャツの値段は店舗によって異なります。そのため高い服やお気に入りの服、シミなどのトラブルがひどい場合に使うことをおすすめします。また、料金が安い店はスピードを重視しているため、普段使いや急ぎのときに利用すると便利です。

宅配クリーニングおすすめランキング
【2020年最新ランキング】人気宅配クリーニングを比較レビュー!口コミ評判が良いおすすめ業者は?| タククリ
2019-01-30 19:08
宅配クリーニングのメリットとデメリットを知って賢く使おう! 店舗と宅配を比べると、宅配の方が高いイメージがあります... ワイシャツやセーターを出す場合は店舗の方が安いです。しかし...