あなたにぴったりの宅配クリーニング

「時間がなくて記事全文を読めないけど、今すぐにおすすめのクリーニング店を知りたい」という方には、普段使いの衣類クリーニング人気No1の「リネット」がおすすめです(全国対応)。

 

・自宅で完結。もう店舗に行く必要がない

・深夜でもコンビニから配送できる
・最短2日なので、急ぎでもすぐに受け取れる

 

そのため、リネットを利用することでクリーニング店舗との往復から解放されます。また、現在20%OFFキャンペーン実施中です。いつ終了するか分からないため、今すぐ公式サイトをご確認ください。

ワイシャツのクリーニング日数は何日かかる?

ワイシャツクリーニング

ワイシャツは、クリーニングの中でも比較的早く仕上がるアイテムです。一般的なワイシャツであれば、平均1日~2日程度で仕上がります。

 

また、仕上がり日数はお店の運営形態によっても異なります。例えばチェーン店の場合は、即日~2日程度で仕上がるお店が多いようです。

 

一方で個人経営のお店や高級店の場合は、作業工程や得意客数の状況で変動するため、事前に確認する必要があります。

 

また、宅配クリーニングは最短でも2日以上かかり、仕上がりの遅いアイテムと一緒に出すと、その分戻って来るのも遅くなります。

 

なお、シャツの分類はクリーニング店によって多少異なる場合があります。素材や形状によっては、高級シャツや別のシャツに分類される可能性もあるため注意が必要です。そのため、初めてクリーニングするワイシャツや初めて利用するお店では、日数に余裕を持って出した方がよいでしょう。

ワイシャツのクリーニング日数(時間)が伸びる原因

繁忙期に出す

クリーニング店には繁忙期があり、その時期に出すと日数が延びることもあります。通常なら即日で仕上がる店でも、繁忙期には1日~2日かかる可能性があります。

 

クリーニング店で1日に処理できる数には限度がありますが、受付数には限度を設けていない店が多いです。そのため、繁忙期には処理できる数を超えてしまい、日数が延びることがあります。

 

またクリーニング店の繁忙期は、春や秋の衣替えシーズンで地域や気温によってもずれが生じます。その中でも特に3月~5月は、入学式や入社式などの行事やゴールデンウィークも迎えるため、最も忙しい時期となります。

 

また、競合との差別化のために衣替えシーズンに向けてセールを行う店舗も多いため、さらに混雑します。

 

繁忙期にワイシャツをクリーニングに出す際は、通常時のようなスピードに期待しないほうがいいでしょう。

オプション加工をつける

普通のワイシャツをクリーニングする場合でも、オプション加工をつけると仕上がり日数が延びる可能性が高いです。通常より1日~2日遅くなることもあります。ワイシャツに人気のオプション加工には、「汗抜き加工」や「染み抜き」などがあります。

 

例えば染み抜きの場合、付着してから時間が経った染みは落ちにくいため、通常のクリーニングより手間がかかります。そのため、仕上がり日数も伸びてしまいます。

 

加工オプションを利用する際は、時間に余裕を持ってお願いするようにしましょう。

 

関連記事もチェック

ワイシャツのクリーニング日数(時間)を短くするには?

ワイシャツ店舗型クリーニングを利用する

ワイシャツをクリーニングに出す場合、宅配クリーニングよりも店舗型のクリーニングの方がより早く受け取れる可能性が高いです。店舗型の場合は、集荷と配送の時間がかからないため早くクリーニングを完了できます。

 

また、店舗型のクリーニング店の中でも個人のクリーニング店は、工場を持たず店舗で作業が完結されるため、頼めば急ぎで仕上げてもらえる可能性があります。

大手クリーニングチェーン店の仕上がり目安を以下の表にまとめました。

 

クリーニング店 ワイシャツのクリーニング日数
白洋舍 即日可能
ホワイト急便 即日可能
ポニークリーニング 1~2営業日

即日(当日)仕上げを依頼する

「即日仕上げ」とは、午前中に出すとその日の夕方に仕上がるサービスです。締め切り時間や仕上がり時間は、店舗によって異なります。例えば、朝8時に出したワイシャツを夕方6時に受け取れるお店もあります。

 

全国的チェーン店では、白洋舍やホワイト急便、青い鳥クリーニングなどが即日仕上げを行っています。「スピード仕上げ」や「クイックサービス」などと、呼び方にも違いがあるため確認しましょう。

 

早くて便利な即日仕上げですが、生地が傷みやすいというデメリットもあります。ワイシャツのクリーニングは、高温のプレス機を使用して効率よく仕上げています。そのため、生地によっては劣化が早まる場合がありますので、高級素材のシャツの場合は注意が必要です。

午前中に店舗に持ち込む

ワイシャツのクリーニングをお店に頼む場合、午前中に持って行くと日数を短くできます。即日仕上げに限らず、午前中に出した方が早く仕上がる可能性があります。午前中に当日分の締め切り時間を設けている店舗が多いからです。

 

例えばポニークリーニングの場合、基本的に仕上がり日数は以下のようになります。

  • 当日12時までの持ち込み→翌日17時仕上がり
  • 当日12時以降の持ち込み→翌々日17時仕上がり

また、間に休業日をはさんだ場合はさらに遅くなります。
ワイシャツを早く仕上げたい場合は、午前中に持って行くことをおすすめします。

ワイシャツのクリーニング時間が早い宅配クリーニング業者

リネット

宅配クリーニングの中で、ワイシャツの仕上がりが早いおすすめのサービスにリネットがあります。

 

リネットでは、プレミアム会員になるとさまざまなサービスが受けられ、最短2日で自宅に届けてくれます。さらに、コンビニを利用すると深夜でも発送手続きができます。

 

また、宅配クリーニングの多くはパック料金システムで、他の衣類と一緒に出す必要がある場合が多いです。そのため、時間がかかるアイテムがあると、ワイシャツの仕上がり日数も遅れます。その点リネットは個別料金制のため、まとめて何点も依頼しなくてもクリーニングしてもらえます。

 

一定料金に満たない場合は送料がかかりますが、「ワイシャツを早く仕上げたいけど、忙しくて店舗に出しに行けない」「近くにクリーニング店がない」という方にはリネットがおすすめです。

宅配クリーニングおすすめランキング
【2020年最新ランキング】人気宅配クリーニングを比較レビュー!口コミ評判が良いおすすめ業者は?| タククリ
2019-01-30 19:08
宅配クリーニングのメリットとデメリットを知って賢く使おう! 店舗と宅配を比べると、宅配の方が高いイメージがあります... ワイシャツやセーターを出す場合は店舗の方が安いです。しかし...