スーツのクリーニング日数は何日かかる?最短時間は?

スーツ

スーツをクリーニングに出した場合、仕上がり日数(時間)は平均2.5日かかります。他の衣類に比べてスーツは多く出るため、クリーニング方法が統一されています。そのため、スーツの仕上がり日数は短い傾向にあります。

紳士用スーツの日数(平均):全体 2.5 日

なお、仕上がり時間の早いクリーニング店の場合、スーツを出した当日に受け取ることができます。中には、最短時間が6時間という店舗もあります。しかし、即日仕上げ対応の店舗が限られているため、事前に確認する必要があります。

 

また、スーツのクリーニング日数は洗い方により異なります。ここからはスーツの洗い方により仕上がり日数について見ていきましょう。

ドライクリーニングの仕上がり日数

スーツをドライクリーニングに出した場合、仕上がり日数は1~3日程度となります。

 

ドライクリーニングは、油溶性の汚れを落としやすい有機溶剤を利用します。そのため、1日着用してスーツに付着した皮脂汚れを落としやすいです。なお、水を利用しない洗い方であるため、水溶性の汚れには弱いとされています。

ドライクリーニングはこれら水で洗濯するときに起きるような変化を起きにくくする為に、「水」の代わりに「有機溶剤」を用いる洗濯方法なのです。つまり、水に弱い衣服の汚れを落とし、少しでも長持ちさせるためにドライクリーニングは必要とされています。

他の洗い方に比べて、ドライクリーニングの仕上がり日数は早いため、急ぎの方はドライクリーニングを利用することをおすすめします。

ウェットクリーニングの仕上がり日数

スーツをウェットクリーニングに出した場合、仕上がり日数は7日前後かかります。

 

ウェットクリーニングとは、水を利用してスーツの表面の縮み・荒れなどのダメージを抑える洗い方です。また、スーツに付着した水溶性の汚れ(汗やワインのシミなど)を落とせ、着用時のサッパリ感も得られる人気の洗い方です。

 

ウェットクリーニングとは、「洗浄液として水を使い、洗たく物の化学的・物理的ダメージを極力抑えた状態で行う洗浄方法」です。

スーツを手洗いすることが多く、職人の技術により仕上がりに差がでます。その分、ドライクリーニングに比べて仕上がり日数が長いというデメリットもあります。

 

ウェットクリーニングは、翌日仕上げて欲しいときには不向きな洗い方となります。シーズンオフのスーツや頑固な汚れが付着したときに利用することをおすすめします。

ランドリーの仕上がり日数

スーツをランドリーで洗う場合、仕上がり日数は1日~7日程度かかります。

 

ランドリーとは、スーツにあった専用洗剤を使い大型サイズの業務用洗濯機で洗う方法のことです。高温で洗うため、汚れ落ちや殺菌効果などが期待できます。

 

ランドリーは、家庭より業務用洗たく機のサイズが大きく、洗たく物に合った専用洗剤・各種助剤を使い、家庭よりも大量の水量で高温処理するため、汚れの除去力が高く、かつ、洗浄と同時に漂白も行なえ、殺菌効果も大きいのが特徴です。

なお、ランドリーは色落ちしやすいためご注意ください。

宅配と店舗でスーツのクリーニング期間が異なる

スーツ

クリーニング店の営業形態には大きく分けて「店舗クリーニング」と「宅配クリーニング」の2種類あります。店舗と宅配でそれぞれクリーニング期間は異なります。以下は目安になります。

 

  • 宅配の場合は、3日~7日
  • 店舗の場合は、2日~3日

 

白洋舎やホワイト急便のような大手クリーニングチェーンはスーツクリーニングの仕上がり日数は以下の通りです(店舗により仕上がり日数が異なることがあります)。

 

クリーニング店 スーツの仕上がり日数(時間)
白洋舎(店舗) 即日可能
ホワイト急便(店舗) 即日可能
ネクシー(宅配) 3営業日
リナビス(宅配) 5営業日

 

急ぎの場合は店舗を利用して、日数に余裕がある場合は宅配を利用すると便利です。

 

なお、宅配クリーニングは店舗に並ぶ必要がありません。また、24時間コンビニ配送できる業者も多いため、土日しかクリーニング店にいけない忙しい社会人の方に人気のサービスとなります。

スーツのクリーニング日数(時間)が伸びる原因

スーツ

原因①ウェットクリーニングを依頼する

スーツの仕上がり日数は洗い方により異なります。特にウェットクリーニングを依頼した場合、1週間程度かかるためご注意ください。

ウエットクリーニングは最低1週間ほど
最短で7日程度の所が多くみられます。繊維の奥に頑固にしみ込んだ汚れをしっかりと落としきるため、ウエットクリーニングのダブル洗浄といった、さらに時間のかかるコースも存在します。

なお、以下は洗い方によるクリーニング日数の目安です。

洗い方 クリーニング日数
ドライクリーニング 1日~3日
ランドリー 1日~7日
ウェットクリーニング 7日前後

 

時間がないときはドライクリーニングを利用するようにしましょう。

原因②オプション加工をつける

スーツには撥水加工やシロセット加工、汗抜き加工などのオプション加工をつける方も多いと思います。しかし、スーツにオプション加工をつけることで、クリーニングの仕上がり時間は伸びます。

 

店舗によりどの程度クリーニング時間が伸びるか違うため、お急ぎの場合は店舗スタッフに仕上がり日数を聞くことをおすすめします。

原因③繁忙期に出す

クリーニング店は、衣替え時期が繁忙期となります。特に3月~5月はクリーニング店が混むことが多いです。また、衣替えのある夏の終わり頃も繁忙期と言えます。

 

繁忙期は、通常時よりも多くの衣類をクリーニングするため、普段よりもクリーニング日数が伸びることもあります。そのため、日数に余裕を持ってスーツを出すようにしましょう。

スーツのクリーニング日数(時間)を早くする方法

スーツ

即日(当日)仕上げを利用する

即日(スピード)仕上げを利用すると、最短当日にはクリーニング済みの衣類を受け取ることができます。例えば、午前8時に出したスーツを午後7時に受け取ることもできます。

 

スーツの即日仕上げについて詳しく知りたい方は「スーツクリーニングの最速は即日仕上げ!急ぎなら当日(1日)も可能」をご覧ください。

スーツ 即日仕上げ
スーツクリーニングの最速は即日仕上げ!急ぎなら当日(1日)も可能
2020.5.18
スーツクリーニングの即日仕上げとは? スーツクリーニングの即日仕上げとは、スーツを出した当日に仕上げてもらえるサービスのことです。例えば、午前9時にクリーニング店に持ち込んだスーツを当日午後8時に受け取ることができます。 「即日仕上げ」とは午前中にスーツをクリーニングに出すと、その日の夕方には仕上が...…

店舗の開店時間と同時に出す

開店直後にスーツを持ち込むことで、クリーニング工場に届く時間もその分早くなります。そのため、最大24時間ほど仕上がり時間が早まることもあります。

 

少しでも早くスーツを受け取りたい場合は、店舗の開店時間と同時に出すことをおすすめします。

スーツのクリーニング日数に関するよくある質問

スーツ下とスーツ上下では仕上がり日数は違う?

「スーツ下のみ」と「スーツ上下」をそれぞれクリーニングに出した場合、仕上がり日数は変わりません。それよりも即日仕上げに対応している店舗かどうかが大切になります。

スーツの状態でクリーニング日数は変わる?

シミや汚れの状態でクリーニング日数が伸びることがあります。お急ぎの場合は、店舗スタッフに仕上がり日数の目安を事前に聞くようにしましょう。

出来上がりのスーツはいつまでに取りにいく?

基本的には、店舗スタッフからスーツの仕上がり日数の目安を伝えられます。しかし、店舗スタッフが仕上がり日数を伝え忘れることもあります。

 

その場合は、4日~5日程度経過してからクリーニング店に行くことをおすすめします。ドライクリーニングの場合は3日程度で出来ていることが大半であるためです。

 

しかし、ウェットクリーニングやオプション加工などを依頼した場合は、1週間程度開けてから受け取りに行くといいでしょう。

スーツクリーニングの関連記事もチェック

日数 スーツクリーニングの仕上がり日数(期間)は何日?最短時間は?
即日 スーツクリーニングの最速は即日仕上げ!急ぎなら当日(1日)も可能
出し方 スーツクリーニングの出し方を徹底解説!初めて出す時の持って行き方は?
料金 スーツの宅配クリーニングの料金はどこが安くておすすめ?頻度も詳しく解説!
  • 東村山 クリーニング
    【東村山】おすすめクリーニング屋10選!即日仕上げで安い店は?
  • スーツ 出し方
    スーツクリーニングの出し方を徹底解説!初めて出す時の持って行き方は?
  • スーツ 即日仕上げ
    スーツクリーニングの最速は即日仕上げ!急ぎなら当日(1日)も可能
  • スーツクリーニングの仕上がり日数は何日かかる?最短時間・期間は?
  • 松戸 クリーニング
    【松戸】おすすめクリーニング屋10選!即日(当日)仕上げで安いのは?
  • 浴衣 クリーニング 日数
    浴衣のクリーニング日数(期間)はどのくらい?何日(時間)で仕上がる?