スーツ 出し方

スーツクリーニングの出し方の流れ

スーツ

スーツをクリーニングに出す流れは以下の通りです。

 

  1. 事前準備
  2. スーツをクリーニング店に持ち込む
  3. 受付に洗い方やオプションなどを伝える
  4. スーツを受け取る

 

この記事では、初めてクリーニング店を利用する方でも迷うことなくスーツを出せるように、上記の流れを分かりやすく解説していきます。それでは順番に見ていきましょう。

スーツをクリーニングに出す前の準備

スーツ

ポケットを空にする

スーツをクリーニングに出す前に、ポケットの中身を空にするようにしましょう。ポケットに物が入っている場合、その場で店員さんに渡されて持ち帰ることになります。

 

ペンやガムなどがポケットに入っており、万が一そのままクリーニングにかけてしまった場合、「インク汚れが付く」や「スーツにガムが付着する」などのトラブル発生の元になります。

 

また、カードや仕事で使うメモなどの大切なものを紛失する可能性もあるため、ポケットの中身チェックを忘れないようにしましょう。

スーツの状態を確認する(ほつれ・破れ・汚れ)

ほつれや破れ、汚れなどスーツの状態を事前に確認しておきましょう。クリーニング店によっては、シミ抜きを有料としています。その場合、追加料金が必要になります。

 

また、店側も事前に状態を把握しておくことで、対応がしやすくなります。トラブル防止にも繋がります。そのため、クリーニング店に持ち込む前にスーツの状態を確認して、シミや傷、汚れなどを伝えられるようにしておきましょう。

クリーニング店の営業時間を確認する

初めてクリーニング店を利用する場合は、営業時間を確認するようにしましょう。店舗により営業時間や即日仕上げサービスの受付時間などが変わります。

 

事前に営業時間を把握しておくことで、「スーツを出しにいったら店舗が閉まっていた」のような失敗を事前に防ぐことができます。

スーツクリーニングの持っていき方

スーツ

ビニール袋や紙袋に入れる

スーツをクリーニング店に持ち込む場合は、ビニール袋や紙袋にスーツを入れておくことをおすすめします。

 

基本的にはどのような状態でもクリーニング店では受付可能です。しかし、スーツを袋に入れておくことで移動中の汚れや破れを防ぐことができます。例えば、持ち込む途中にスーツをひっかけたり、落として汚れが付着したりすると、通常料金に加えて補修費用やシミ抜き費用が追加で必要になる恐れもあります。

 

そのため、できる限りビニール袋や紙袋に入れて持ち込むことをおすすめします。

出す時はハンガーを外しておく

スーツをクリーニングに出す場合、ハンガーは不要です。スーツをハンガーにかけたままクリーニングに出すと、店舗によってはハンガーを処分することもあります。

 

スーツ購入時のハンガーにかけたままクリーニング店に持ち込む方もいますが、できる限りハンガーを外しておくようにしましょう。

スーツクリーニングの頼み方

スーツをクリーニング店に持ち込んだら、受付に渡しましょう。そのときにオプション加工や即日仕上げの有無などを伝えます。また、どうしても落としたいシミがある場合もそのときに伝えておきましょう。

 

なお、スーツクリーニングには、さまざまなオプション加工やサービスなどがあります。お店の方が親切に教えてくれることもありますが、店舗の混み具合や店員によっては満足できる回答を得られないこともあります。

 

そのため、事前にどのようなメニューがあるのか把握しておきましょう。ここからは、スーツクリーニングを頼む際に必要な知識をご紹介していきます。

スーツの洗い方

スーツの洗い方には、主にドライクリーニングとウェットクリーニングがあります。それぞれの使い分け方は以下の通りです。

ドライクリーニング
  • 油性の汚れ(皮脂/化粧品/チョコなど)を落としたいとき
  • 水洗いができないスーツをキレイにしたいとき
  • スーツの形崩れを防ぎたいとき
ウェットクリーニング
  • 水溶性の汚れ(酒/ジュース/汗など)を落としたいとき
  • 着用時のさっぱり感を得たいとき

クリーニング店では、基本的にドライクリーニングでスーツを洗うことが多いです。しかし、ドライクリーニングにもデメリットがあるため、目的に合わせて洗い方を伝えられるようになると、より賢くクリーニング店を利用できるようになります。

 

ここからは、ドライクリーニングとウェットクリーニングについてご紹介していきます。

ドライクリーニング

ドライクリーニングでは、有機溶剤を利用してスーツを洗います。

ドライクリーニング(英語: dry cleaning)とは、乾燥洗濯(かんそうせんたく)の意味で、洗剤を溶かした水の代わりに工業ガソリンなどの有機溶剤を使って洗濯することをいう。

スーツに付着した皮脂汚れは、水では落としにくいとされています。そこで、皮脂汚れを溶かす有機溶剤を利用してスーツを洗うことで、付着した油性の汚れを落とすことができます。

 

また、皮脂汚れに加えて、口紅やペンのインクなども落とすことができます。汚れ落ちが強い反面、ボタンが溶けたり色落ちの可能性もあります。そのため、クリーニングに出すスーツの洗濯表示を確認して、ドライクリーニングに対応しているか確認しておきましょう。

ドライクリーニングで用いる有機溶媒は非常に溶解性が強いため、合成色素なども溶かすことができる。したがって、物によっては色が落ちたりボタンが溶けたりすることがある。

ウェットクリーニング

ウェットクリーニングは、水を利用してスーツを洗います。

ウェットクリーニングとは、「洗浄液として水を使い、洗たく物の化学的・物理的ダメージを極力抑えた状態で行う洗浄方法」です。

ウェットクリーニングは、水溶性の汚れに強い洗い方になります。そのため、汗やワインのシミなどを落としたいときに有効な洗い方です。また、汗を落とせるため、着用時にさっぱり感があると言うメリットもあります。

 

ただし、ウェットクリーニングのやり方は店舗により異なります。そのため、事前に店舗スタッフに確認してください。

 

なお、ドライクリーニングと水洗いの違いを詳しく知りたい方は「【実験】ドライクリーニングと水洗いはココが違う!クリーニングに出すときのポイントは?」をご覧ください。

当日仕上げサービス

クリーニング店によっては、スーツの当日仕上げサービスを実施しているところもあります。当日仕上げは、午前中にスーツを持ち込むと夕方には受け取れるサービスになります。

 

スーツの当日仕上げについて詳しく知りたい方は「スーツクリーニングの最速は即日仕上げ!急ぎなら当日(1日)も可能」をご覧ください。

スーツ 即日仕上げ
スーツクリーニングの最速は即日仕上げ!急ぎなら当日(1日)も可能
2020.5.18
スーツクリーニングの即日仕上げとは? スーツクリーニングの即日仕上げとは、スーツを出した当日に仕上げてもらえるサービスのことです。例えば、午前9時にクリーニング店に持ち込んだスーツを当日午後8時に受け取ることができます。 「即日仕上げ」とは午前中にスーツをクリーニングに出すと、その日の夕方には仕上が...…

オプション加工

クリーニング店には、さまざまなオプション加工があります。スーツクリーニングにおいて人気のオプション加工は以下3点です。

 

  • シロセット加工
  • 撥水加工
  • 汗抜き加工

 

シロセット加工は、スーツに折り目をつけるための加工です。シロセット加工を頼むと、通常のスーツクリーニング以上に折り目がハッキリします。さらに折り目が長く持ちます。清潔感やしっかり感を演出したい方におすすめの加工となります。

 

撥水加工は、水分を弾くための加工です。水だけではなく、食べこぼしやホコリ、花粉からスーツを守ってくれるため、冬の雪や梅雨の雨、春先の花粉対策にもおすすめの加工です。

 

汗抜き加工は、スーツの汗汚れを落とすための加工です。ドライクリーニングは水溶性の汚れに弱いため、汗の臭いが落ちないことがあります。そこで、汗抜き加工をつけることで、汗の臭いを洗い流してくれます。汗だけでなくタバコの臭いも落とせるため、スーツの臭いが気になる方におすすめの加工です。

スーツクリーニングの受け取り方

受付時に仕上がり日数を伝えられます。あとは、その日時にスーツを受け取りにいきましょう。また、そのときに渡された伝票を忘れないようにしましょう。

 

受け取り時に伝票を渡すことで、クリーニング済みのスーツを受け取ることができます。なお、伝票がない場合でも、名前や連絡先などの情報を伝えるとスーツを受け取ることはできます。

 

しかし、通常よりも時間がかかるため、店舗スタッフや待機中のお客さまに迷惑がかかることがあるため、伝票は無くさないように注意しましょう。

 

なお、スーツを受け取るときに付属しているハンガーは、基本的に返却する必要はありません。

スーツクリーニングの出し方の注意点

クリーニング頻度が多いと生地が痛みやすい

スーツの場合、クリーニングの出し過ぎにも注意が必要になります。クリーニングに出し過ぎることで、必要以上に油分が落ちてしまい、傷みが発生する原因となってしまうことがあります。

スーツは上下セットで出す

スーツは上下で一つの服になるため、上下一緒に出すことをおすすめします。仮に上下バラバラで出してしまうと、いつの間にか色もバラバラになってしまい、スーツの統一感が失われてしまう可能性があります。

 

スーツクリーニングの関連記事もチェック

日数 スーツクリーニングの仕上がり日数(期間)は何日?最短時間は?
即日 スーツクリーニングの最速は即日仕上げ!急ぎなら当日(1日)も可能
出し方 スーツクリーニングの出し方を徹底解説!初めて出す時の持って行き方は?
料金 スーツの宅配クリーニングの料金はどこが安くておすすめ?頻度も詳しく解説!
  • 東村山 クリーニング
    【東村山】おすすめクリーニング屋10選!即日仕上げで安い店は?
  • スーツ 出し方
    スーツクリーニングの出し方を徹底解説!初めて出す時の持って行き方は?
  • スーツ 即日仕上げ
    スーツクリーニングの最速は即日仕上げ!急ぎなら当日(1日)も可能
  • スーツクリーニングの仕上がり日数は何日かかる?最短時間・期間は?
  • 松戸 クリーニング
    【松戸】おすすめクリーニング屋10選!即日(当日)仕上げで安いのは?
  • 浴衣 クリーニング 日数
    浴衣のクリーニング日数(期間)はどのくらい?何日(時間)で仕上がる?