作業着 アイキャッチ
あなたにぴったりの宅配クリーニング

「時間がなくて記事全文を読めないけど、今すぐにおすすめのクリーニング店を知りたい」という方には、相場より安い「せんたく便」に出すとクリーニング代を節約できるためおすすめです(全国対応)。

 

■作業着のクリーニング代(料金相場:800円~1,500円)
・せんたく便:798円~1,196円

・白洋舎:1,400円
・ネクシー:1,740円

 

なお、せんたく便は受入上限に達した場合、新規受注ができなくなるとのことです。そのため、少しでも作業着を安くクリーニングしたい方は、今すぐせんたく便の公式サイトをご覧ください。

汚れのひどい作業着はクリーニング出そう!

作業着_3

汚れのひどい作業着は、自宅で洗うのではなくクリーニングに出すのがおすすめです。作業着に付きやすい機械油は、市販の洗濯洗剤では完全に落とせません。このような油汚れを落とすためには、適した洗剤や助剤を駆使する必要があります。

 

また汗の汚れや土汚れなどは、自宅でもある程度落とすことは可能です。しかし毎日着ると汚れが蓄積し、汚れがひどくなったものを自宅できれいにするのは困難になります。

 

ここからは、汚れのひどい作業着をクリーニングに出すメリットを詳しく見ていきましょう。

洗濯機が汚れる心配をしなくてもいい

汚れのひどい作業着をクリーニング店で洗うと、自宅の洗濯機が汚れてしまう可能性があります。衣類の汚れは、洗濯槽に付着して溜まっていきます。付着した汚れをそのまま放置すると、雑菌やカビが繁殖する原因になります。

 

汚れの酷い作業着を洗濯機に入れてしまうと、たった一回の選択で洗濯機が汚れてしまう可能性も考えられます。是非ともクリーニング店にお願いしましょう。

手間暇かけて汚れを落とす必要がない

クリーニング店にお願いすると、自分の手間をかけなくても汚れをきれいに落としてもらえます。

 

作業着のような汚れやシミがひどい場合、洗濯機で洗うだけでは不十分です。また汚れの種類に合わせて洗剤を変えなければ正しく落とせないため、細かく汚れを確認する必要もあります。

 

そのため適切な洗剤を使用して汚れをブラッシングする必要がありますが、その工程が要りません。クリーニングに出すことで、時間と労力を掛けて自宅で洗ったのに汚れが落ちないという事態を避けられるでしょう。

作業着のクリーニング日数は何日かかる?

作業着_1

作業着のクリーニングにかかる日数は、店舗型クリーニングと宅配クリーニングで異なります。そのためどちらを利用するか決める前に、確認するのがおすすめです。

 

それでは、それぞれの仕上がり日数を比較して見ていきましょう。

店舗型クリーニングの場合

店舗型クリーニングに出す場合、仕上がり日数は1〜2日が目安です。宅配クリーニング店よりも速く、即日仕上げが可能な店も多くあります。

 

以下に、各クリーニング店の仕上がり日数をまとめましたので参考にしてみてください。

 

クリーニング店 仕上がり日数
ホワイト急便 即日仕上げあり(地域、店舗によって異なる)
白洋舎 即日仕上げあり(地域、店舗によって異なる)
うさちゃんクリーニング 即日仕上げあり(地域、店舗によって異なる)
ポニークリーニング 1〜2日
オゾンクリーニングのきょくとう 1日(地域、店舗によって異なる)

宅配クリーニングの場合

宅配クリーニングの仕上がり日数は5〜10日が目安です。発送や配送の時間も含むため、店舗型クリーニングより時間がかかります。そのため時間に余裕があるときに利用すると良いでしょう。

 

主な宅配クリーニング店の最短仕上がりは以下の通りです。

 

クリーニング店 仕上がり日数
美服パック 最短3日
クリコム 最短5日
リナビス 最短5日
ネクシー 最短5日
フランス屋 最短6日

作業着のクリーニング代の料金相場はいくら?

作業着

作業着のクリーニング料金は、800~1,500円が相場になります。店舗型クリーニングは品物によって料金が決まっています。それに対して、宅配クリーニングはパック料金制が主流です。

 

店舗型クリーニングと宅配クリーニングの計5店舗の料金を表にまとめたので、参考にしてください。

 

クリーニング店 料金
ホワイト急便 750円(地域、店舗によって異なる)
白洋舎 1,200円
せんたく便 798円~1,196円
リナビス 990〜1,710円
ネクシー 1,740円

作業着を安くクリーニングできる店舗はどこ?

はじめに、大手店舗型クリーニングの作業着の料金表にまとめましたので、ご確認ください。

 

クリーニング店 料金
ホワイト急便 750円(地域、店舗によって異なる)
ノムラクリーニング 1,158円
白洋舎 1,200円

 

この中で最も安いのは、全国にチェーン展開しているホワイト急便です。ほかのクリーニング店の約65%の料金でクリニングができます。また、ホワイト急便は仕上がり日数も早いため、すぐに手入れをしたい方にもおすすめです。

 

注意点として、汚れやシミの大きさに合わせてシミ抜き料が発生する場合があります。事前に店舗にて相談をし、確認をしておきましょう。

作業着をクリーニング店に持っていく時間がないなら「リネット」がおすすめ

リネット

作業着をクリーニングに出したいけれど、店舗に持っていく時間がない場合は、宅配クリーニング業界大手の「リネット」をおすすめします。リネットをおすすめする理由は大きく2つあります。それぞれ見ていきましょう。

24時間いつでも「申し込み」と「発送」ができる

リネットでは、申し込みと発送が24時間いつでも可能です。自宅で用意をして宅配員に預ける場合は、ネット上で24時間いつでも注文ができます。また昼間自宅にいる時間がなく宅配員に預けるのが難しい場合は、24時間いつでもコンビニから発送することも可能です。

 

時間の制限がないため、自分の都合に合わせてクリーニングの利用ができます。クリーニングに出したいと思い付いたのが夜中だった場合、店舗型クリーニングでは閉店しているところが多いでしょう。

 

リネットなら思い立ったときにすぐに依頼できるため、次の日まで待つ必要がなくなるなど使い勝手抜群です。

個別料金制なので1着から出せる

リネットは品物によって料金が決まっている個別料金制のため、1着からクリーニング可能です。宅配クリーニングでは、パック料金制にしているサービスが多く、必要ないものまでクリーニングに出す必要がある場合があります。

 

例えば、リナビスでは3点、せんたく便では5点からのパック料金制になっています。パック料金制はまとめて出したいときには便利ですが、少量の普段着をすぐに出したいときには不向きです。

 

リネットでは、1着ずつ出せるため作業着だけクリーニングしたい際は費用を抑えられます。必要最低限の支出で作業着をクリーニングできます。

作業着におすすめのクリーニングオプション

作業着 リネット 

作業着をクリーニングする際のオプションメニューは、汗抜き加工とバリガード加工をおすすめします。

 

汗抜き加工とは、ドライクリーニング品を水洗いする方法のことです。
ドライクリーニングは汗や皮脂の除去が苦手なため、水洗いすることで汚れが落ちて衣類が軽くなります。黄ばみを防止できるメリットがあるため、洗濯表示に水洗い不可とある作業着におすすめです。

 

バリガード加工とは撥水加工のことで、水を弾いたり汚れの付着を軽減したりできます。加工によって生地がコーディングされるため、汚れが付いても洗濯で落としやすくなり長持ちします。

作業着の汚れが軽い場合 | 自宅で洗濯してクリーニング代を節約

作業着 リネット

「またすぐ汚れのに、少しの汚れでクリーニング店に出すのはもったいない。。」と思う方も多いと思います。もちろん作業着に付いている汚れが軽い場合は、自宅での洗濯で対応できます。

 

以下では例として、少量の機械油が付いてしまった場合の洗濯方法をご紹介します。賢く洗濯をしてクリーニング代を節約しましょう。

  1. バケツにお湯を張る(40〜60度)
  2. 洗濯洗剤を入れて溶かす
  3. 汚れた箇所をお湯に浸して1〜2時間ほど置く
  4. お湯に浸しながらブラシでこする
  5. 汚れが薄くなるまで4の作業を繰り返す
  6. 洗濯機で洗う

お湯に1〜2時間浸けると色が濁ってきます。これは汚れが浮いている状態のため、お湯の色を目安にして次の作業へ進んでください。

 

機械油が付いた場合は洗濯洗剤を使い、汗や皮脂の汚れの場合は食器用洗剤を使うなど、汚れに合った洗剤を使い分けて前処理をしておくと落ち役すくなります。

 

宅配クリーニングおすすめランキング
【2020年最新ランキング】人気宅配クリーニングを比較レビュー!口コミ評判が良いおすすめ業者は?| タククリ
2019-01-30 19:08
宅配クリーニングのメリットとデメリットを知って賢く使おう! 店舗と宅配を比べると、宅配の方が高いイメージがあります... ワイシャツやセーターを出す場合は店舗の方が安いです。しかし...